MorePaste Version 1.0 Reference Manual

■コンテンツ

アプリケーション全般

タブ機能


■このドキュメントについて

このドキュメントは、MorePasteの機能のリファレンスマニュアルです。Readme.htmに記載の試験環境において、このように動作するように実装しており、あらゆる動作環境で、このように動作することを保証するものではありません。

機能や動作は、断りなく変更される場合があります。

■動作が違う場合

動作が違う場合は、動作環境をご確認の上、こばやし たかし にご連絡ください。ご意見、ご質問、感想なども添えていただければ幸いです。

Top of this page.


<アプリケーション全般>

■起動

コマンドラインから起動する場合、以下のように入力します。

java -jar MorePaste.jar

※ jarファイルが、Javaの実行環境と関連付けられている場合、MorePaste.jarをマウスでダブルクリックするなど、使用している環境に応じた所定の方法で起動できます。

■終了

MorePasteのウィンドウで、使用している環境に応じた所定の操作で、閉じる動作を行うと終了します。

■アプリケーション全般

起動直後には、以下のタブが表示されており、「このアプリケーションについて([About...]タブ)」が最前面になります。

以下のタブは、表示されていません。使用する場合には、右クリックで表示されるメニューで選択する必要があります。

<操作>

Top of this page.


<タブ機能>

■[About...]タブ: このアプリケーションについて

アプリケーションに関するクレジットが表示されます。

このタブを選択すると、変換は何も行われません。間違ってMorePasteをアクティベートしてしまった場合、このタブを選択して、他のアプリケーションに移動すれば、クリップボードの内容を変換せずに、MorePasteを抜けることができます。操作できるUIは、ありません。

<操作>

Top of this page.

■[Quote]タブ: 引用符の貼りこみ (Paste Quote)

クリップボードの内容に対して、引用符を追加します。

引用符は、行頭に追加されます。空行がある場合、その行にも引用符を張り込むかどうか、選択することができます。

<操作>

Top of this page.

■[BoxFill]タブ: 1行の長さをそろえる (Box Fill)

クリップボードの内容について、1行の長さが指定された文字数にそろうように、改行文字を入れます。変換前の文字列の先頭から指定された長さ変換を行わないオフセット部分を取ることができます。

<操作>

Top of this page.

■[Tab -> Space]タブ: タブ文字を空白文字に置き換える (Tab to Space)

クリップボードの内容について、そこに含まれるタブ文字を空白文字に置き換えます。1つのタブ文字を何個の空白文字に置き換えるか、指定することができます。

<操作>

Top of this page.

■[Combination]タブ: 組み合わせ (Combination)

「引用符の貼りこみ ([Quote]タブ)」、「1行の長さをそろえる ([BoxFill]タブ)」、「タブ文字を空白文字に置き換える ([Tab -> Space]タブ)」を組み合わせて実行します。

<操作>

Top of this page.

■[Undo]タブ: MorePasteで行った変換のUndo (Undo)

直前の変換を実施する前の内容に、クリップボードの中身を戻します。

<操作>

Top of this page.

■[Path]タブ: パスの貼りこみ (Paste Path)

Windowsのエクスプローラのような、ディレクトリツリーが表示されます。フォルダあるいはファイルを選択すると、そのパスがクリップボードにコピーされます。

<操作>

Top of this page.


[This page was updated: 2003-03-09 ]

 

Copyright (c) 2001-2003Takashi KOBAYASHI. All Rights Reserved.