中年サラリーマンのための、講座

南会津弾丸ノンストップツーリング!

GWの恒例である南会津への弾丸ツーリング、今年もやっつけてきました。もともとはキャンプしに行こうと思っていたものの、天候の関係で日帰りとなってしまい、今回は朝6時にスタートして16時半に帰着するまでの495キロ、ペットボトルの給水を2回行った以外はヘルメットを脱ぐこともなく、文字通りノンストップツーリングでした。当日の南会津エリアのツーリングルートはこちらに掲載しています。

====================================

南会津弾丸ノンストップツーリング! 南会津弾丸ノンストップツーリング! 南会津弾丸ノンストップツーリング!

塩原温泉の桜/福島県へ!/遠くに燧ケ岳

北関東と言えどもここ茨城県南部の5月は暖かく、加えて今年は暖冬ということで山間部の積雪は少ないと聞いていたことから、いつになく軽装備で朝6時に出発です。栃木県に入るとグッと気温が下がるのが手に取るように分かり、R4を北上するにつれて気温表示がどんどん下がってきました。桜が咲いている塩原温泉を経由して福島県に入るといよいよ寒さで手足の感覚がなくなり、体が震えてきます。寒さ対策にてスピードダウンし、伊南川に沿って一路桧枝岐村を目指します。道の先に目を向けると雪を抱いた燧ケ岳を確認することができ、暖冬とは言いながらもこのさらに奥はいまだに冬なんだなぁと実感するのでした。

 

南会津弾丸ノンストップツーリング! 南会津弾丸ノンストップツーリング! 南会津弾丸ノンストップツーリング!

川俣桧枝岐林道!

桧枝岐村に入ってそのまま川俣桧枝岐林道へGO! すでに標高は1000m級であり、気温表示は10度〜15度あたりを示していて寒さが身に堪えます。舟岐キャンプ場では何組かのキャンパーがいて、横目に見ながら先に進むとほどなくダートが出現。先人が走ったと思われるバイクのタイヤ痕を確認してボディーアクションを加えながら林道を走ると、多少なりとも体が温まってきました。途中では山菜採りと思われる車が何台かいて、道端や斜面にはおびただしいフキノトウが顔を見せています。そんなこんなして標高を稼いで登っていくと雨が降り始め、道端には雪も出現し、頂上まであと少しというところで強い雨に襲撃され、ここで退散することにして下山を始めます。

 

南会津弾丸ノンストップツーリング! 南会津弾丸ノンストップツーリング! 南会津弾丸ノンストップツーリング!

田代山林道!

桧枝岐村でバイクに給油し、大規模林道経由で木賊温泉のキャンプ場にいるあろうバイク仲間に挨拶をしようと思ったものの、大規模林道が積雪通行止め(行けそうだったけど人がいたので自重)なのでここはきっぱりとUターン。お次は湯の花温泉経由で田代山林道へGO! こちら通行止め看板なく、そのまま入っていくと、ところどころ落石はあるもののバイクならば全く問題なく走ることができます。途中から雨が降り出しますが、気づかないふりをして登っていくとあっさり田代山登山口に到着。ここまで全く雪はなく、さらに栃木県との県境の頂上まで行けそうな状況でしたが、寒さのため自重して下山しました。これほど雪のないGWの南会津は初めて、しっかりと防寒&雨対策してくればもっと楽しめたのに・・・と反省しながら帰路に着いたのでした。

 

HOMEへ戻ります!