中年サラリーマンのための、講座

2016北海道マラソンツアー!

なんやかんやで4年連続出場となる北海道マラソンは、2週間前に左ふくらはぎを痛めてしまったことから出場が危ぶまれ、スタートラインに着いたとしても完走は難しいという状況。札幌へ入ると食い物が旨くて、レース前にもかかわらず体重増加が明らかとなりリスク要因がひとつ増えました。レース当日は直前までアイシングとマッサージを繰り返していざスタート地点へ。ずっとペースを落として足への負担を抑えて走った結果、昨年とほぼ同タイムの3時間28分10秒でゴール。ふくらはぎの痛みは相変わらずですが、欲を出さずに気楽に走ってもそれなりのタイムで走ることができたことが今回の収穫ですね。今回の北海道マラソンルート&レース中画像はこちらに掲載しました。

 

8月27日(土)

荷物預けは自動化! 眼下に函館! カラッとした新千歳!

荷物預けは自動化/眼下に函館/カラッとした新千歳

プライスダウンの分岐点である午前10時直後のフライト、早めに身軽になってラウンジでまったりしようという作戦ですが、荷物を預けるのが完全機械化されておりビックリ。やってみれば簡単なんだけど、初めてだったのでおっかなびっくりモードにて妻・次女ともども手続き完了。機内に入ると明らかに北海道マラソン出場選手と思われる方がところどころにいて、私の隣のカップルもランナーでした。なんで分かるかって? 色鮮やかなランニングシューズを履いている方が多いからすぐに分かります。新千歳に到着すると空は鮮やかなブルー、空気はカラッと乾いていて、今年もまた来たんだなぁと実感するのでした。

 

まずは寿司! ゼッケン引換! 夕食は牛タン!

まずは寿司/ゼッケン引換/夕食は牛タン

新千歳に到着したら寿司屋に直行するのが我が家の定番、昨年と同じ空港内のお店にてたらふく食って大満足。やっぱり北海道と言えば寿司でしょう! JRで札幌へ移動して定宿の全日空ホテルへチェックイン。いつもだと3人で大通公園に出向いてゼッケンを引き換えるところですが、ちゃっかりとした妻はこの日に合わせて真駒内アイスアリーナで開催されるコブクロのコンサートチケットを確保しており、一人で出かけちゃいました。次女と二人で大通公園に出向いてゼッケンを引き換え、市内をウロウロして夕食タイム。いつもは札幌時計台前のパスタ屋にて腹一杯食べるところですが、今回は走るよりも食べることにウエイトを置くと決めていたので、好物の牛タンを選択してこれまた腹一杯食って大満足! 早めにベットに潜ってウトウトしていた頃に妻は満面笑みでコンサートから帰ってきました。

 

8月28日(日)

早朝散歩! 朝食! スタート前!

早朝散歩/朝食/スタート前!

レース4時間前の午前5時に起き、何はともあれふくらはぎの調子を確認するために早朝散歩へGO! レース前に足を痛めてはスタートラインに立てなくなってしまうのでさすがに走るわけにはいかず、数時間後にランナーで溢れかえるであろう大通公園を徘徊してホテルに戻って朝食タイム。通常ならば軽く食べておしまいなのですが、今回はランよりも食事優先なのでガツガツと腹に収めていたら声をかけられ、振り返ると知り合い男性ランナーと遭遇しエールを交換! ウエイトを大増量した上でレースウェアに着替えていると娘夫婦が合流。今回は義理の息子と色違いウェアで揃えているのでテンションは上がり、スタート1時間前にホテルを出て大通公園に向かうとすでに大勢のランナーが集結しています。気温はぐんぐん上昇しているものの空気は乾いており、足の痛みさえなければ42キロを楽しく走れそうな予感、もとい錯覚がしてきました。

 

スタート! 尾崎好美さん! 家族の応援!

スタート!/尾崎好美さん!/家族の応援

スタート前に足の痛みが出てしまわぬよう、今回は完全ノーアップという作戦なのでスタートまでに時間が余ってしまい、ビルの日陰で休憩モード。私のスタートブロックはC、テレビ塔のデジタル時計が1分前からカウントダウンを開始し、いよいよスタートです。いつもは遅いランナーを追い越して先を急ぐのですが、今回はスローペースで行くことに決めていたので流れに任せてのんびりと走ります。さすがにキロ5分を越えるスピードだとふくらはぎの痛みは影をひそめ、ふと気が付くと世界陸上のメダリストである尾崎好美さんに遭遇、ひっそりとシャッターを切らせていただきました。市内中心部をグルッと周回して家族が応援するエリアにたどり着くと、お約束の記念写真を撮ります。このレースはまじめなランナーが多く、私のように完全にコースアウトして写真を撮るランナーはほとんど目にしませんね。

 

先頭集団! 折返し! ゴール!

先頭集団/折返し/ゴール!

北海道マラソンのウリと言えば、レース中盤に登場する灼熱の超ロングストレートの往復、そう新川通りです。毎年暑さは感じますが、今年は特に陽射しが痛く感じられます。空気が乾いているってことは空中の水分が少ないってことなので、陽射しの濃度が濃いってことなのかもしれません。折り返し直前にて義理の息子のご両親に応援いただいて充電完了! ここまでキロ4分50秒前後に抑えてきているのでふくらはぎの痛みは何とか堪えられる状況、後半戦もこのままのペースを維持できれば最低ラインの3時間半前後でのゴールタイムが見えてきます。新川通りを何とか堪え、北海道武蔵女子短大前での女子大生の応援にてパワーを充電し、北大と家族が待ち構える道庁を駆け抜けたらゴールの大通公園が視界に入ってきました。最後のストレートではカッコよくスパートをかけようと思ったけど、ふくらはぎの痛みでダラダラとゴ〜ル(残念)。

 

鈴木宗男氏! 娘に囲まれご満悦! 打上げ!

鈴木宗男氏/娘に囲まれご満悦/打上げ

ゴールして目の前を見ると、あの鈴木宗男氏がいるじゃありませんか。ランナーではなさそうなので、どういう立場でここにいるのか??? メダルと完走記念タオルをかけていただき、完走記録証を受け取ったら喉の渇きが襲ってきて…、給水サービスでペットボトル3本を一気に飲み干しました。きっと軽い脱水症状を起こしていただろうなぁ〜。その後、義理の息子もサブ4を達成してゴール、お見事です! 家族と合流してホテルに戻ってシャワーを浴びたらふくらはぎ痛がピークに達して歩くのも困難、街中へ出かける家族たちを見送ってベッドで一人ダウンです。夕方には義理の息子の家族とも合流してすすきのにてジンギスカン、いやぁ〜美味かった! このすすきのでも知り合い女性ランナーとばったり遭遇し、呑みすぎないようにしましょうとエールを交換したのでした!

 

8月29日(月)

早朝ラン! スープカレー! さよなら北海道!

早朝ラン/スープカレー/さよなら北海道

朝起きると、相変わらずふくらはぎは重く走ることは難しい状況。それでもせっかくだからということで朝食前に豊平川に出かけて軽〜ジョグをしていると、北海道マラソンに出場して重くなった足をひきづったランナーが沢山いて、それに触発された私は、すぐに帰るどころか10キロもジョギングしまいました。ホテルに戻って汗を流し、朝食を腹一杯食って体が重くなってしまったことから午前の観光はキャンセルして部屋でまったり。このツアーの締めは空港でのスープカレー、やはり本場で食うスープカレーは美味いなぁ! 台風の速度が遅くなったことで、羽田行きのフライトにも影響もなく、楽しい3日間は過ぎていったのでした。

 

HOMEへ戻ります!