中年サラリーマンのための、講座

初冬の筑波山調査ツーリング!

2016年内のマラソンレースが終了し、それじゃぁバイクで遊ぼうということで、前週の渡良瀬遊水地プチツーリングに続いて近場の筑波山に出動してきました。寒かったり暖かかったりと山のコンディションも変化する初冬の筑波山ですが、凍結箇所もほとんどなく、ポカポカと体が温まる林道プチツーリングを楽しんできました。

====================================

筑波山! 筑波山! 筑波山!

つくば道起点/平沢官衛遺跡/直登坂道

筑波山エリアへ「つくば道」の道標を起点としてスタートです。このつくば道は江戸時代に整備された筑波山神社まで一里の情緒ある田舎道。すぐに寄り道をして国の史跡である平沢官衛遺跡に立ち寄ると、広大な敷地に平安時代の役所跡が復元されていました。ここは筑波山峠ランにて横目で見ながら通過するのみですが、そんな遺跡であったと今回初めて知りました。つくば道にルートを戻し、いよいよ大好物の直登急坂に差しかかります。前半はクネクネして見通しの悪い箇所もあるので慎重に走り、後半の真っ直ぐな超激坂道では多めにアクセルを開けてジャンピングスポットを楽しみます。この超激坂道を歩かずにランニングで完走できるか、一度試してみようっと!

 

筑波山! 筑波山! 筑波山!

筑波梅園/鬼ヶ作林道/筑波高原キャンプ場

筑波山神社入り口を横目に見ながら筑波梅園に進入。梅の時期ではないので人の気配は微塵も感じられず、そんな中梅園突きって沼田酒寄新田林道を北上して鬼ヶ作林道へとルートを変えようとしたものの頑丈な通行止めゲートに遭遇。昨年も通行止めだったけど、ちゃんと工事は進んでいるのかなぁ? 仕方なく下山する超遠回りルートを選択しつくし湖に到着。県道経由で標高を稼ぐルートへ針路を変え、鬼ヶ作林道の反対側の出口を確認するとこちらは緩い通行止め看板のみ。全線フルダートの仙郷林道に入るとあらビックリ、山肌の木々が伐採されているじゃあーりませんか。目的があっての伐採だと思いますが、ちょっと衝撃でした。筑波高原キャンプ場に到着すると冬季閉鎖中、ここなら通年営業でも良いと思うだけどね!

 

筑波山! 筑波山! 筑波山!

仙郷林道/国民宿舎つくばね/つくばねオートキャンプ場

筑波高原キャンプ場の片隅をお借りし、コンビニで仕入れたおにぎりを食って早めのランチタイム。再び仙郷林道に戻ってダートにタイヤ痕を残しながらコーナーをクリアしていくと、それなりの標高ってこともあり水たまりのいくつかが凍っていました。途中の支線林道に入っていくと数百メートルで行き止まりとなり、その先は登山道になっていました。そこを歩くハイカーはそこそこいて、そんなところをバイクで走っていると迷惑なことは明白なのでさっさと退散することに。林道本線を進むと国民宿舎脇にひょっこりと飛び出て場違い感満載、そのまま舗装路を下っていくと、冬でもキャンパーで賑わっているつくばねオートキャンプ場。ここで本日の初冬の筑波山調査は終了です!

 

 

HOMEへ戻ります!