中年サラリーマンのための、講座

2017 東京マラソン!

 

今回からゴールが東京駅という新コースとなり、なんとしても出場したかった東京マラソンですが見事に落選。それじゃあということで、ランナーではなく5度目のボランティアとして参加することとなりました。任務はゴールしたランナーへの手荷物返却、それも外国人ランナーが対象ということで不安満載の中でボランティアスタート。終わってみると、多彩な国際親善を体感でき非常に楽しい一日なのでした。

 

<前日の説明会>

東京マラソンボランティア! 東京マラソンボランティア! 東京マラソンボランティア!

隅田川ラン/会場入口/エキスポ

大会前日に東京ビッグサイトにてボランティア説明会が開催されるということで、一緒に参加する義理の息子とともに秋葉原からランニングにて会場入りすることに。たかだか9キロでしたが信号に引っ掛かり続けるとグッと疲れが増します。会場に到着してまずは説明会場へGO! 日比谷公園の荷物返却担当者向け説明会ですが、ざっと500名以上はいると思われさすが東京マラソンという大きなスケールです。1時間の説明を聞いてボランティアウェアを受け取ってエキスポ会場へ向かいます。ランナー入口から入場するランナーを恨めしそうに眺めて展示・販売会場に入り、いろいろな小物をゲットしながらウロウロして、何か記念の品をということで息子とお揃いのランニングパンツを購入。帰りも築地駅までの6キロを走り、飯を食って帰路に着きました。

 

 

<レース当日>

東京マラソンボランティア! 東京マラソンボランティア! 東京マラソンボランティア!

日比谷公園更衣室/足湯/野外音楽堂

集合は日比谷公園野外音楽堂、黄色のボランティアウェアを着用して日比谷公園に入ると、ゴールしたランナーの更衣スペースと足湯が準備されていました。昨年までの更衣スペースは東京ビッグサイトの室内だったので天候は気になりませんでしたが、ここは完全屋外なので、今日のように快晴だと助かるものの雨や雪が降ることを想像すると…。9時に指定された待合せ場所に集合し、まずは自己紹介。我々の37号車は外国人ランナーの荷物なので語学堪能者が勢ぞろいしており、私のように日本語もままならない人間は不安が先行します。第1回大会から連続11回のボランティア参加という方や、わざわざ仙台や新潟から参加しに来たという方もいて。東京マラソンがランナーだけでなくボランティアも高い人気を誇っていると実感します。遅れていた荷物が新宿から届いたという連絡を受け、いざ手荷物返却エリアへ出動します。

 

 

東京マラソンボランティア! 東京マラソンボランティア! 東京マラソンボランティア!

こんなウェア/ぎっしり荷物/任務エリア

昨年までの手荷物返却はビッグサイト室内、一方、今回は日比谷公園脇の内堀通りの路上です。37号車から降ろされた手荷物はおよそ千個、これが50個ずつカートに収められており、まずはこれを出してゴールタイムの早いランナーの荷物(=アルファベットの若い順)が手前になるように並び替えていきます。手荷物返却場所はゴールから1キロほど離れており、2時間50分経過した頃から早いランナーがチラホラ登場。3時間半過ぎからランナーが増え始め、5時間を越えると7時間までひっきりなしにランナーが笑顔で荷物を受取りに来て、私はというと「コングラッチュレーション」と声をかけ&ハイタッチを強要し、ランナーからは「サンキューソーマッチ」「グラッツェ」「メルシー」「シェイシェイ」という反応。喉はかれ、足はパンパン、ハイタッチしすぎて手のひらは腫れて満身創痍状態ですが、たっぷりと国際交流を堪能してきました。帰りは息子とともに有楽町で軽く打上げをし、来年はランナーで出場しようと心に誓ったのでした。

 

 

説明: D:\Homepage\BTN_544.gif