中年サラリーマンのための、講座

素人によるジェベル250XCのメンテナンス!

自宅の駐車場の片隅にて、車載工具とホームセンターで購入したチープな工具を使った素人によるメンテの記録を掲載します。

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\ANI_057.gif 2017.2.5 ・・・ プラグ交換

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\20120204.jpg<2017.2.5・・64430km>

13ヶ月前にプラグ交換を行ってから5000キロを走破したので定例交換です。これまでは冬季にエンジン始動性の高いイリジウムプラグを驕っていましたが、今回は直前にバッテリー交換を行ったこともありノーマルプラグです(価格は1/4くらい)。サイドカバー・シート・重いガソリンタンクを外してエンジンヘッドとご対面し、サクっと終了です。作業が終わってふと配線群を見ていたら、接続されていないカプラー1対を発見。接続していなくても電気系統で支障はなく、サービスマニュアルの配線図を眺めてもよく分からず。とりあえず接続して試走しましたが、何も変化は見られず、ホッとするやら心配やらです。

 

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\20120204.jpg<2017.1.29・・64370km>

寒さが厳しくなるとともにエンジンのかかりが弱くなってきたのと、エンジンの回転を上げるとウインカーがハイフラッシャー状態になってしまって、どうやらバッテリーの寿命が来たようです。年末には同じブランドの格安中華ニューバッテリーを発注したものの不良品だったのでクレーム交換を要求し、ようやく手元に届きさっそく交換。調べると前回のバッテリー交換は4年半前であり、格安の中華バッテリーの割には頑張ってくれました。セルボタンを押すとタイムラグなく一発でエンジンが始動し、そのまま河川敷へ試走に出かけたところ、ウインカーは正常に点滅し、点火系統が元気になって低速トルクが増えたように感じられ満足!

 

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\20120204.jpg<2016.12.30・・64020km>

寒さとともにバッテリーが弱くなってきたので、さっそくWebで中華バッテリーを発注。届いたバッテリーを装着したものの、どうやら不良品のようでセルモーターが回らず…。仕方なく交換依頼の手配を行いました。バッテリー交換のためにサイドカバーを開けたら、あらなんと、エアエレメントが非常に汚れているじゃありませんか! スペアとしてすでに洗浄&オイル塗布を済ませてあったスペア品を装着してサイドカバーを閉じて作業完了。さっそく河川敷に持ち出して試走したところ、若干ながら吸気音の歯切れが良くなったという印象。とりあえず現在積んでいるバッテリーは生きているので、もうしばらく頑張ってもらいます。

 

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\20120204.jpg<2016.12.3・・63700km>

冬になったらバイクも冬支度をしようということで、あまり距離を乗っていないもののエンジンオイルを交換します。いつものホンダG2の「10−30」と「10−40」をブレンドして「10−35」のオイルを作り投入。今回は車庫にオイルをこぼさず、良くできました! また、チェーンも汚れが目立っていたのでウエスで磨いてやり、薄くチェーンオイルを塗布したら押し引きがグッと軽くなりました。最後に、15年ほど使っているハンドルカバーを装着して冬入りメンテ完了です。試走したら排気音の歯切れが抜群に良くなって、オーナーは大満足なのでした。気になるのはバッテリー、この冬を越すことができるのか微妙な状況です。

 

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\20120204.jpg<2016.7.2・・62430km>

ジェベル250XCは、そのヘッドライトの大きさゆえにツアラー然としており、そんなことからフロントスクリーンは必須アイテムだと思っています。最初はメーカー純正のショートスクリーン、その後はハンドメイドにて高さのあるスクリーンを自作して装着していましたが、3代目の劣化が激しくなってきたのでアマゾンで汎用品を激安にて購入。あとは現物をバイクに当て、工夫してステーを噛ませて装着完了。厚さは3ミリもあって頑丈で、本体に穴をあけて結束バンドを使ってスクリーンの角度を調整してやったら、まるで純正品と見間違うほどの出来栄え! 久々に自己満足に浸ることができました(笑)

 

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\20120204.jpg<2016.6.18・・62230km>

そろそろフロントタイヤが摩耗してきたなぁと思って記録を見たら、前回交換から2年半&9500キロが経過。それではとっとと交換しようということで、酷暑の中で30キロランをこなし疲れた体で作業に入ります。さすがに21インチなのでタイヤの脱着は簡単で、でも暑さにやられて休憩しながら交換終了。今回の銘柄はIRCのGP21、3年ほど前に購入して物置に眠っていた代物なので新品と言えるかどうか…。さっそく河川敷ダートに持ち出して試走しましたが、交換前のタイヤと同じ指向なので、劇的な変化はないという印象。今回得た教訓、真夏の真昼間でのタイヤ交換はしんどいので止めましょう…ということでした!

 

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\20120204.jpg<2016.5.28・・62100km>

前回のエンジンオイル交換は9月&58350キロ、ってことは8ヶ月&1800キロ弱が経過したということで交換作業へ。いつもと同じホンダのG2(10−40)を購入し、まずは下からオイルを抜く作業ですが、これまたいつもの通り車庫にオイル滲みを作ってしまい、慌てて拭きとるも時遅し。オイルジョッキできっちり1100ccを投入し、そのまま河川敷パトロールコースへ試走に出かけます。すぐに感じたのはギアの入りがスムーズになったこと、今回は劇的にタッチが変わりました。ダートでは低速のトルク感が向上した…と思いたいところですが、これは体感できませんでした。

 

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\20120204.jpg<2016.5.21・・62040km>

そとからパッドを確認するとかなり薄くなっている様子だったので、前回の交換時期を調べたら2012年7月に44000キロ時点。ってことは16000キロ走っており、そろそろ交換時期だろうということで作業開始。パッドを外したら、な・な・なんとほぼパッドは無くなっており、かなり危険な状況でした。パッドが思い切り減っていたのでピストンは出過ぎており、ピストンを押し戻してさっそく交換。さっそく河川敷へ試走に出向きましたが、パッドの当たりが出ていないためなのか、利きが悪いですね。しばらくはリアブレーキを強めに使用してみるかなぁ?!

 

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\20120204.jpg<2016.5.8・・62015km>

GW最終日、簡単なメンテを実施しました。メニューはクラッチワイヤーとアクセルワイヤーへの注油とフロントブレーキのグリスアップ。以前の注油ではCRC556を使っていましたが、昨年からは専用のワイヤー用オイルを使用するようになり、今回も注油した後の試走ではクラッチもアクセルも体感できるほど軽くなりました。フロントブレーキのパッドを交換しようと分解したのですが、パッドの残りが十分だったので、パッドピンを磨いてグリスアップ、そしてスライドピンのゴムブーツにグリスをたっぶりと塗りこんで作業完了。試走してもブレーキのタッチには変化はありませんが、オーナーとしては満足感たっぷりです!

 

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\20120204.jpg<2016.5.7・・62003km>

GWの弾丸ノンストップツーリングで500km弱を走った際、減速時に異音を感じることが何度かあり、途中でブレーキやチェーンのチェックをしたものの原因不明。帰宅後にドロドロになったバイクを洗車していたら、スイングアーム下側のチェーンスライダーのボルト脱落を発見。スイングアームから離れてチェーンと接触している状態であり、アクセルをオフにすると不規則に接触して異音が発生していたのかもしれません。何はともあれボルトを購入してチェーンスライダーをスイングアームに固定させました。試走したら異音が消えたので、これが原因ということで一件落着です。

 

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\20120204.jpg<2015.12.30・・59385km>

13ヶ月前にエンジンのオーバーホールを行って以来、点火プラグを交換していなかったので、ちょいと交換。いつものようにイリジウムプラグを驕り、交換するとエンジン始動が力強くなりました。感覚的には、イリジウムのメリットはエンジン始動時にあると思っており、夏場はさほど効果は見られないものの、冬場の寒さの厳しい時期には一発でエンジンがかかるという効果が体感できます。たった一年ですが、電極を見るとかなり減っており、ちょうど交換時だったようですね。普通のプラグの3〜4倍の価格ですが、単気筒で1本しか使わないということと、冷間時の始動性向上を考えると、まずまず妥当な金額じゃないでしょうか!?

 

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\20120204.jpg<2015.11.29・・59130km>

ほぼ1年&5000km弱を走ったIRC製のGP22、いよいよ山がなくなったので、半年前のセールで仕入れておいたミシュランのAC10に交換しました。いつもは苦戦しながらも交換できていましたが、今回に限ってはリアホイールが外せず、近所の友人ガレージに助けを求めて交換する羽目に。リアにはスーパーハードチューブを入れてあるのですが、それがタイヤに固着していたのが原因だったようです。さっそくバイクに装着して河川敷ダートに繰り出すと、山が高いのでグニャグニャ感があるものの、路面をガッチリかみしめてグリップしている感触があり大満足。減りが早いと言われているけど、どのくらい持つでしょうか!?

 

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\20120204.jpg<2015.9.22・・58350km>

夏休みのキャンプツーリング等々をこなし、前回のオイル交換から2000kmを超えたのでさっそくオイル交換。いつものホンダG2ですが、今回は10−30と10−40をブレンドしたので10−32くらいかな!? ついでにストックがあったオイルフィルターも交換し、エンジンをかけると排気音の歯切れが良くなった印象です。また、3年以上前に交換した中華バッテリー、あまり距離を乗ることができていなかったので充電状態がイマイチではないかと危惧し、今年の冬もしっかりと越して欲しいので充電してやりました。こちらは効果のほどは体感できませんね。

 

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\20120204.jpg<2015.4.26・・56091km>

前回のオイル交換から600kmしか走ってないけど、すっかり春めいて来たのと3か月が経過したので躊躇なく「春メンテ」ということで交換です。銘柄はいつものホンダG2(10−40)で、バイク屋のおやじさんに勧められたWAKO‘Sの添加剤50ccをオイルジョッキでオイルと混合し、1100ccをバイクに注ぎます。すべてが完了してから気付いたのは、オイルフィルターの交換を忘れてしまった…ということ。せっかくフィルターを購入して準備していたというのに(反省)。河川敷に持ち出してダートを走らせると音も加速も向上した印象…と書きたいところですが、前回交換から期間がわずかなので実感できなかったなぁ〜。

 

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\20120204.jpg<2015.3.29・・55951km>

気温が20度にも達して半袖+短パンでランニングできる季節になってきたので、まずはハンドルカバーを外します。どうせならということで、クラッチワイヤーとアクセルワイヤーへ潤滑オイルを注入し、タイコにグリスを塗ったら、特にクラッチレバーを握ると軽くなった感じが体感できてGOOD! これまではCRC556を使っていましたが、今回は専用オイルを使ったので効果が大きいかもしれませんね。雨がポツポツしてきたので、慌ててチェーンをクリーニング&オイルを塗布し本日の春メンテは終了。エンジンのオーバーホールを済ませてからというものバイクは絶好調で、早くツーリングに出かけたい春の一日なのでした。

 

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\20120204.jpg<2015.1.17・・55693km>

標準のスプロケは前14/後42ですが、経年劣化でエンジンパワーがなくなってきたことへの対策として前13/後44とショート化していました。今回のエンジンオーバーホールによってカタログ値の30馬力を再び体感することとなり、加速は抜群ながらもツーリング用としては高速域が弱いのと燃費がきついので、前14/後44へ変更。さっそく河川敷ダートへ出動して試走すると、減速比が3.38から3.14となった影響にてスタートはややもっさり、中間加速もマイルドとなりましたが、パワーが戻ってきたので不満なし! 交換は簡単なので、近場で遊ぶのは前13、ツーリングには前14と使い分ければGOODですね。

 

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\20120204.jpg<2015.1.4・・55480km>

およそ1ヶ月前のエンジンオーバーホールにてシリンダーとピストンを交換しているので、せっせと慣らし運転をしてきた結果、ようやく1000kmに到達。オイルとともにオイルフィルターも交換しようとたもののフィルターの買い置きがなかったので、今回はオイルのみ、銘柄は定番のホンダのG2(10−40)です。併せて年末に購入してあった新品エアーフィルターを装着し、古いフィルターは専用クリーナーで洗ってストックとして確保。ついでに、ノーマルのスタンドだと立ちが強すぎることから、低車高仕様用のショートスタンドを引っ張り出してきて装着したら、今度は傾きが強くなり…、中間の長さがあれば良いのにね!

 

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\20120204.jpg<2014.12.7・・54483km>

そもそもはヘッドライトが点かなくなり、原因を探っていくとコイルがダメになっている模様。さらにオイル消費が顕著になってきて、5万kmを越えたことから、この機会に腰上オーバーホールも含めて一気にやってしまうおうということで近所のバイク屋へ持ち込みました。エンジンをバラして点検してもらったら、高価なシリンダーも交換した方が良いということになり、さらにクラッチプレートも交換となって、これまた高価なステーターコイルも交換となり・・・最終的には工賃込みで12諭吉円となりました。慣らし運転時の感触ですが、ニューエンジンはシャキッとしていて、音も加速感も回転上昇も最高ですね。早く高回転まで回したい!

 

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\20120204.jpg<2014.11.2・・54420km>

およそ8000kmの耐久性を証明したKENDAの格安タイヤ、山がほとんどなくなったのでIRCのGP22へ交換です。もともとはミシュランのT63愛好家なのですが、価格と納期の関係でIRCにしたわけです。1年半以上もリアタイヤは交換していなかったのでコツを忘れてしまい、手間取ったおかげで1時間半もかかってようやく交換が終了です。さっそく試走しようと思ったらセルが回りません、どうやらバッテリーが突然死してしまったようです。バッテリーを充電して翌日に筑波山の林道へ走りに行ったら、KENDAと比べて明らかに剛性が高いことが体感でき、ニュータイヤ効果を満喫してきました。

 

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\20120204.jpg<2014.8.24・・53975km>

1週間前にオイル交換した際にOリングが切れていたのでパーツ発注し、さっそく交換して終了。さらに、豪雨でのツーリング時にエンジンがストップした原因は点火系のリークだろう、と素人ながら見当をつけてプラグケーブル(NGK:パワーケーブル)を発注し届いたので交換です。作業は簡単ですが、イグニッションコイルから出ているコードを切断すること自体、何とも気が引けるわけで…。とりあえずザクッとカットしてケーブルとを接続し、ケーブルがエンジンヘッドに触って溶けないように取回して終了。さっそく試乗すると、オイル交換・プラグ交換・パワーケーブル装着・チェーン清掃の効果が相まって、とっても好調です!

 

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\20120204.jpg<2014.8.15・・53950km>

前日の房総半島一周ツーリングにてプラグ回りで電流がリークしていることが判明し、丸9年を超えているのでイグニッションコイルとプラグコードを丸ごと交換しようとするも、お盆の時期でバイク屋はお休み。それじゃぁということで、前回の交換から1700kmしか走ってませんがオイル交換です。今回もジェベル号と相性の良いホンダのG2(10−40)。ついでにオイルフィルターも交換して作業完了、エンジンをかけるとオイルフィルターケースからオイルが噴出! チェックするとカバーのOリングが切れていて、そこからオイルが漏れてました。…ということで、イグニッションコイルとともにOリングも発注確定!!

 

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\20120204.jpg<2014.5.10・・52247km>

バイクで出かけようということでオイル交換とリアリンクへのグリスアップを行い、それじゃぁ出かける準備をしようとしてふとリアタイヤを見たら、なんと古クギがグサリと…、なんてこった。毎週末に河川敷パトロールを行っているので、その際に踏み抜いたものと思われますが、タフチューブを入れているので空気が抜けずにいたようです。今回はチューブ交換することにし、タイヤのビードを落としますが、直前に34kmランをしたのでタイヤを力強く踏むことができずなかなかビードが落ちません。チューブ交換を終えて試走すると、オイル交換の効果もあってエギゾーストサウンドが明らかに歯切れ良くなりましたね!

 

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\20120204.jpg<2014.5.6・・52237km>

GWは混んでいるので、翌週に日帰りロングツーリングをしようということで、時間がたっぷりとれるGW中にあちこちプチメンテをしました。まずは前後ディスクブレーキのパッドピンをキレイにし&グリスを塗りこんで動きをスムーズにしてやります。標準プラグは9番ですが、今回は8番に交換、もちろんイリジウムです。タンクを乗せてセルボタンを押してもエンジンは始動せず…、もう一回全部やり直して、今度は無事エンジン始動! チェーンをキレイにしてやり、最後にアクセルとクラッチケーブルに注油して終了。新車で購入して8年&5.2万km、こういう小まめなメンテが車齢を延ばしてくれるものと期待しています!

 

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\20120204.jpg<2014.4.12・・51580km>

すっかり暖かくなったので、何はともあれハンドルカバーを外しましょう! 改めてわが愛車を眺めてみるとチェーンには油分が少なく、全体的に薄汚れていることに気付き、それじゃぁちょっとキレイにしてやろうとウエスでチェーン清掃&注油を実施。さらに白いプラスチックパーツを「激落ちくん」でせっせと磨いてより白くしてやり、黒いパーツ(フォークブーツ・タイヤ・バッテリーケース・メーター・エアクリーナーケース等々)はアーマオールを塗り塗りしてより黒くしてやったら、床屋に行ってさっぱりした青年のごとく男前になってくれました(笑) う〜ん、かなり満足!

 

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\20120204.jpg<2014.1.3・・51040km>

以前からやろうと思っていた、ハンドルバッグリニューアル&メインハーネスの防水強化を正月休みに行いました。バッグは1年前のモンベル福袋に入っていたミニバッグを流用し、バーパッドにタイラップを巻いて本体のマジックテープで固定して完了! これでGPSロガーやデジカメの居場所が確保できました。ハーネスは、昔に巻いたビニールテープがはがれてきたので、すべて剥がして新しいテープを巻きなおすとともに、タイラップでテープのつなぎ目を固定して終了! ここ、意外に弱いんですよね…

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\20120204.jpg<2013.12.30・・50770km>

前回のオイル交換からたったの1000kmですが、気持ち良く大晦日のダートランを走りたいので躊躇なく交換です。前回より「カストロールRS」から「ホンダG2」へ銘柄をチェンジしましたが、G2の方がマフラーサウンドの低音が強調されている印象です。さらに最も大きい効果は、オイル滲みが収まったということですね。100%化学合成オイルと鉱物油の違いなのか、はたまた相性の違いなのか分かりませんが、以前にも同じことがあったので、わがジェベル号には間違いなくG2がベストマッチと言えます。さて抜いたオイルですが、たった4ヶ月半&1000kmなのに意外に汚れていました。常に気持ち良く走るには、このくらいのサイクルで交換しても良さそうっすね!

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\20120204.jpg<2013.12.29・・50770km>

フロントタイヤの交換は2年3か月&8500km前だったということに気付き、改めてタイヤを見ると山はおろかサイドウォールにヒビもチラホラ…。年が改まってから交換しようと思っていたものの、日差しが暖かく時間も取れたのでとっとと作業開始。リアと異なり径が大きいのでタイヤ外し&装着は楽ですが、久しぶりだったのでちょっとしたコツを思い出せず、チューブの挿入に手間取り…それでも何とか終了。ジャッキを下げようとタイヤを見たら空気が抜けているじゃん…、チューブを噛んでしまったようです。運良く予備のチューブがあったので、もう一回作業やり直し。ビードクリームをしっかり塗ればサクサクと進められますね! 今回のタイヤは激安のKENDA、丁寧に見るとクオリティーに若干の難ありなので要注意です!

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\20120204.jpg<2013.12.28・・50760km>

フロントブレーキオイル交換の際にタンクのネジをなめてしまい、慌ててガレージ青忍に駆け込んで事なきを得たのですが、タンクを開けてみると、なんとブレーキオイルはカラでした! ダイアフラムが変形していて漏れてしまったようなので、何はともあれダイアフラムを発注して組み付けました。手で持っているのが古いモノですが、もはや長方形の形はとどめておらず、長い辺が内側に反っているのでそこからオイルが漏れ&空気が入っていたようです。時間があったのでクラッチ&アクセルワイヤーに注油し、さらに寒さ対策としてハンドルカバーを装着しました。本当はフロントタイヤの交換もやりたかったものの、寒かったので、新年になってから交換することにして本日のメンテは終了!

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\20120204.jpg<2013.8.13・・49692km>

夏休みのキャンプツーリングでは958kmを1泊2日で走り回ってきており、あちこち疲れが出てきたことからさっそくメンテ開始です。まずはキレイに洗車し、白いプラスチック部分は「激おち君」で更に白く、黒い部分は「アーマオール」でより黒くしてやり、チェーンはウエスでピカピカにした上で1ノッチ引いて適正な張りに調整してやりました。…でオイル、ツーリング中にチェックしたらLOWレベルを下回っていたのでホームセンターに駆け込みます。店先でオイル交換できるわけもなく、応急処置にて100%化学合成油に鉱物油を追加注入しました。ということで、帰宅後に相性の良い「ホンダG2」に交換しましたが、ミッションからのオイル滲み、収まるかなぁ〜!?(以前にG2に換えたら収まったんです!)

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\20120204.jpg<2013.7.6・・48172km>

前回の交換から4年&1.8万kmが経過し、そろそろ交換時期だろうということで、初入庫となるガレージ青忍に出動して作業をしてきました。途中で、近所のホームセンターへ出向かざるを得ない事情が発生しましたが、無事に作業完了。今回はスプロケットを前:13丁+後:44丁ということで、ギア比を3.23から3.38へと変更し、チェーンロスが少なくなった相乗効果もあって、試走した際には劇的にスムーズな加速が体感できました。チェーンのメンテって重要だよなと改めて感じた次第。折りしも本日、梅雨明け宣言が出され暑くて汗が滴る猛暑となりましたが、ガレージ青忍はシャッターを降ろしてエアコンをONにして作業ができるという夢のような環境で、いやいや、本当に感謝&感謝です!

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\20120204.jpg<2013.6.15・・48023km>

タンクバッグを入手したので、ツーリング中でもツーリングマップルを確認することができるようになったものの、いつもいつもタンクバッグをつけているわけではなく、普段使いのちょっとした時にiphoneの地図アプリを確認できるようにしようということで導入したのが、今回のスマホ用ホルダーです。ハンドルにしっかりと固定し、ホルダー部分でiphoneをガッチリと挟み付けているので脱落の心配はないのですが、それでもプラスアルファの対策はしておきたいところ。実際の使用感ですが、反射で画面が確認しづらいこともありましたが、走行中に凝視することもないでしょうからno problem。ただし、激しい振動を考えるとダートを装着したままで走ることはおよそ考えられず、現実的には林道入口で外すことになるでしょうね。

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\20120204.jpg<2013.5.12・・47391km>

そう言えばエアクリーナーの清掃っていつやったかと考えるとまるで思い出せず、それじゃぁということで実行しました。まずは雨の土曜日を使い、ビニール袋に食器洗剤とぬるま湯を入れて丁寧にもみ洗いします。こんなもんで良いかなぁというところで水切りをして、翌日の晴れた日曜日に日影でしっかりと乾燥させ、あとはオイルを塗布&エアクリーナボックス内を綺麗にして作業完了です。以前は専用のオイルを使っていましたが、何でも良いだろうと判断してエンジンオイルを使ってます。さっそく試運転に出かけると、高回転の伸びが明らかに向上しており、排気量が50ccほど増えたような印象です。こんなことで明らかに性能アップ(正確には維持ですね!)できるのであれば、定期的にメンテナンスをする価値ありですね!

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\20120204.jpg<2013.5.3・・46837km>

ふと気が付くとヘッドライトが点いていません、どうやらバルブが切れてしまったようなのでホームセンターに出向いてハロゲンバルブ(H4)を購入してきました。今回は小糸のノーマルバルブではなく、4輪車用のポラーグスーパービームハロゲンという120/110W相当のバルブを購入しました。青白い光を放つバルブは温度が高くなるので、耐久性も考慮し、ノーマルバルブよりやや白っぽい光を放つ3300Kレベルを選択です。実際にライトを確認すると、太陽の下ではよく分かりません(笑) 夕方に確認すると、ニューバルブに変更した効果が確認でき、ほんのちょっとだけですが満足を味わうことができました。GW後半のどこかで日帰り弾丸ツーリングに出かけるので、よりリアルに効果を体感することにしましょう!

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\20120204.jpg<2013.4.27・・46485km>

プラグ交換やあれこれの整備のたびにタンクをおろしていますが、その際、必ずタンクのコックからガソリンホースを外すので、ここにきてホースのクラックが見逃せないレベルに達しちゃいました。パーツリストで確認すると内径5mm×外形10mm×長さ160mmとあったので、ホームセンターにて類似品を20円で購入し、さっそく交換・・・と思ったのですが、手が入らず、キャブ側のホースを止めているクリップが外せません。悩んだ挙句、元のホースは最大限生かすことにし、タンク側の裂けた部分をカットし、それでは長さが足りないからタンク側に短くカットした新しいホースをセットし、双方を金属製の接続部品でつないで完成! およそ正攻法とは言えない対応ですが、我ながら良い出来だと感心しております(笑)

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\20120204.jpg<2013.3.20・・46292km>

以前より企んでいたリアフェンダーレス化にチャレンジしました。まずはシートを降ろしてライセンスライトのカプラーを外し、もっさりしたリアフェンダーを取り外します。何もなくなってすっきりしたところへ、まずは元のカプラーを流用してライセンスライトをテールカウル裏に貼り付け、LEDライトが点くのを確認します。続いてナンバープレートをブルーのホルダーに乗せ、それをリフレクターセット&ステーとで共締めした上、リアフレームにそのステーを固定して終了。鈍重な印象のジェベルのリアビューがスマートになりましたよね。さっそく試走したところ何の問題もなくOKですが、構造上、ナンバープレートとリフレクターという重量物が振動するので、しばらくはクラックが発生しないことを確認したいと思います。

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\20120204.jpg<2013.3.17・・46260km>

キーを回してもデジタルメーターが反応しなくなり、こりゃマズイじゃんということで確認作業に入ります、まずは定石通りにキルスイッチがオフになっていること、サイドスタンドスイッチがちゃんと短絡処理していること、すべてのカプラーがしっかりはまっていることを確認し、まさかバッテリー上がりかということで充電するもすぐにフル表示になり・・・、まったく理由が分からず途方に暮れるしかありません。そう言えばヒューズ切れを確認していないことに気付き、パーツマニュアルを引っ張り出し確認してチェックするとビンゴ、ヒューズが切れていました。スペアのヒューズに交換したら、当たり前ですがしっかりとスイッチがオンになりました。まる8年で初めての症状であり、すぐにスペアのヒューズを購入してきました!

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\20120204.jpg<2013.3.12・・46249km>

安いタイヤを探していたらヒットしたのがKENDA。セールでさらに安く購入しておいた前後タイヤを、暖かくなったのをきっかけに、今回はリアのみ交換しました。今回はハンドソープではなくビードクリームを購入して作業を行ったことから、タイヤ装着は劇的にサクサク進み1時間もかからずに終了したので、そのままオイル交換&プラグ交換も行い、春のメンテは一通り完了です。さっそく河川敷に出動して感触を確認したところ、、、すみません、ミシュラン・IRCとの差異は感じられませんでした。むしろ、オイルとプラグ交換の効果による中速域での加速感が向上したのと、マフラーサウンドの低音が強調されたという印象ですね。KENDAのオフ用タイヤ、もうしばらく乗ってからしっかりと評価しましょう!

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\20120204.jpg<2013.1.12・・46075km>

12年9月に作成したスクリーンを壊してしまったので、ver3の制作に着手しました。過去2度の経験値はしっかりと生きており順調にコトが進みます。前回よりも5cmほど高くし、装着時に左右のバランスが取れるように注意しながらボルト固定穴を決定し、若干ながらも立ち気味の角度にて完成。実際に装着して走ると…、ver2と大きな変更はないことから特段の感動はありませんでした(笑) けれど、純正スクリーンと比べると確実に効果は感じられ、それよりも何よりも、ツアラーバイクであるジェベル250XCには大きめのスクリーンが似合うと確信していることから、オーナーとしては自己満足度120%です! 今回のコストは600円、構想〜制作〜装着所要時間は2時間半ほどということで、お手頃なメンテなのでした。

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\20120204.jpg<2012.11.11・・45538km>

前週にフロントブレーキキャリパの分解を行ったのに続き、今週はリアをリフレッシュしました。ピストンが1つなのでブレーキオイルを足しながらブレーキペダルを踏んでいくと、あっけなくピストンが外れます。ピストンには以前に取り外した際に格闘した痕跡がわずかにありましたが、シリンダー側はとってもキレイであり、問題なしということで2つのOリングを交換しました。すべてを組み付けてブレーキオイルを満たしてエア抜きをするのですが、何度ペダルを踏んでもフニャフニャ状態から脱却できず、疲れてきた頃にようやくエアが抜けて感触が戻り作業終了。併せて、先日、転倒して右ステップが微妙に曲がった影響でキックペダルが干渉する症状が出ていたので、スペーサーを噛ませて間隔を広げて見事問題解決!

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\20120204.jpg<2012.11.4・・45528km>

今年の年末メンテは前後ブレーキキャリパの分解・清掃、本日はフロントに着手しました。最大の難関である2つのピストンの取り外しは、2つが均等に露出するようブレーキレバーを握り/ピストンを押さえて取り外し完了です。前回はピストンが外せずにバイク屋に駆け込んで外してもらったのですが、今回はこの反省がしっかり生きていました。これができれば後は簡単で、キャリパとピストンを綺麗に磨き、古くなったラバーブーツとOリングを交換し、ブレーキパッドは定番の赤パッドに交換してすべてを組み付けてキャリパ分解・清掃は終了! あとはブレーキオイルをしっかりと満たしながら空気を排出させて作業完了です。スライドピンがスムーズに作動するようになったからでしょうか、ブレーキのタッチは格段に向上しました。

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\20120204.jpg<2012.10.6・・45255km>

本日午後のメニューは、‘転ばぬ先の杖’ということでアクセルワイヤーとクラッチワイヤーの交換です。シートとタンクを降ろし、現在ついている2つのワイヤーに新品ワイヤーを這わせます。要は、どこを通したらよいのか分からなくなるのを防止するっていうこと! インジェクターでワイヤーに油分を挿入してから、それぞれのタイコにグリスを塗ってはめ込み、アクセルワイヤーはスムーズに終了。クラッチワイヤーは、クラッチ側のタイコを入れる向きが微妙で苦戦し、さらにワイヤーを固定しているステーから古いワイヤーの外し方が分からず、(分かれば簡単なことなんですけど)この工程だけでたっぷり30分はかかり汗・汗・汗。無事にすべて装着完了したものの、すっかり日が暮れてしまったから調整・試乗はまた明日にしましょう!

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\20120204.jpg<2012.10.6・・45255km>

本日午前のメニューは、寿命が来てしまったパーツ=チェンジペダルのゴム&ホーン&メーターケーブルの交換です。7年以上も乗るとチェンジペダルのゴムはかなりすり減っており、白いシューズだと汚れが移ってしまうことから、まだ使えるものの安いパーツだから交換。ホーンは本体がダメになり鳴らなくなったので、ヤフオクにて400円(純正品は2600円ほど!)の社外品を購入し、そのままつけるとステーが長くタンクと干渉してしまうのでステーを上手く折り曲げて無事装着。気持ち良い音色に変身しシルバーに輝いて満足です。最後は1週間前に切れてしまったメーターケーブルの交換、あっという間に作業は終わりますが、こんなものでもどこを通すのかしっかりと確認しておかないと意外に迷わされますよ!

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\20120204.jpg<2012.9.17・・45255km>

8月末に自作したフロントスクリーン、厚さ1mmで心もとないのと、もう少し高さが欲しかったことからV2の作成に着手しました。2mmだと強度十分なのですが、素人には曲線カットはできない上に曲げ加工は望むべくもなく…、結果として1mmの塩ビ板2枚を重ね合わせるという姑息な作戦に。前作に比べて20cmほど高いサイズで切り出し、1枚目を現物合わせして微修正を施してから2枚目を作って重ねて固定し、白いモールを全周に装着して完成! 自分で言うのもなんですが、結構カッコ良いじゃん。さっそく試乗すると、一般道の速度域では全く問題なし。高速域での安定性を狙って、お次はスクリーン上部とメーターカバーをつないで補強するかな! V2のコストは946円(塩ビ板2枚+モール1.5m)でした。

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\20120204.jpg<2012.9.16・・45240km>

同じジェベルに乗るジェベリスト777さんの真似をし、ヘッドライトレンズガードを装着しました、とは言え、見て分かるようにただの焼き網を流用しているだけであり、オーナーには純正品と思えるほどカッコ良く見えても、オーナー以外の方々には貧相な焼き網にしか見えないんだろうなぁ〜。ジェベル250XCのウリであるビッグヘッドライトのレンズ内径は20cmですが、ライトハウジングまで含めると25cmほど、ライトガードパイプまで含めると27cm。今回私がホームセンターで購入したのは直径27cmの丸型の焼き網なので、ちょうどライトガードパイプまでカバーしてくれます。固定方法は超簡単、ガードパイプと焼き網を4時・8時・12時の場所にてタイラップで結ぶだけなので、飽きたらいつでも取り外し可能です!

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\20120204.jpg<2012.9.1・・45210km>

およそ2年前にグリスアップしたステアベアリング、いよいよ切れが渋くなってきたので、アウターレースを打ち抜き/叩き入れ&ベアリング交換作業を、恒例のガレージいがにて実施しました。フロントタイヤ・ハンドル・ライト・フォークを取り外し、特殊工具が登場してアウターレースを打ち抜きました。その後に新しいアウターレースを叩き入れ、ベアリングにグリスをたっぷり塗りこんで組み付けていきます。こう書くと簡単に聞こえるでしょうが、いがさんの過去の経験値と秘密兵器により短時間で完了できました。外した部品を苦労して装着し試走しようとしたところセルモーターが回らず…。何とか問題をクリアーしてガレージ周辺を1周したところ、劇的にステアリングフィールが改善し満足度200%にて作業終了です!

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\20120204.jpg<2012.9.1・・45210km>

セローに乗り始めたころに購入したヘルメット「ツアークロス」、外観も内装もくたびれてきたのと耐用年数を経過していることから、最新型の「ツアークロス3」を購入。webikeのセールで注文したら納品まで1ヶ月半弱かかりましたが、お気に入りのイエローは譲れなかったので良しとしましょう。新旧を比べると、最新型というだけあって、より厳しい安全規格をクリアしながらも重量は軽くなっており、顎で全体を支える仕様になっていてフィット感は抜群ですね。何よりもシールドがきれいなので、夜間でもクッキリ視認できるようになったのがGOODです。シールドつきオフロードフルフェースは投影面積が大きいので、高速走行ではグッと首を持っていかれることがありますがツアークロス3はどうでしょうか!?

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\20120204.jpg<2012.8.26・・45167km>

高さのあるGPS用スクリーンが欲しいと思いメーカーに確認したところ、再生産予定なしとの回答。であれば作ってしまうということでチャレンジしました。純正品の素材は厚く、素人では切り出すこと(近所のホームセンターでは直線カットしかやってくれません)と曲げることは不可能と判断し、1mmの塩ビ板&熱加工なしの簡易版へ作戦変更。型紙に合わせて大きめのハサミで塩ビ板をカットし、現物合わせでボルト用の穴をあけ、スクリーン上部にモールを施して完成です。左右のバランスが微妙ながらも無事に装着でき、さっそく高速ダートを試走したところ、薄さによるたわみが発生するものの速度と振動には十分耐えてくれました。合計462円(塩ビ板+モール+ゴム板)なので、もう少し見栄えの良いヤツを作ろうっと!

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\20120204.jpg<2012.8.18・・45147km>

2泊3日のツーリングを終えてオイル交換を行いましたが、その際、フロントスクリーンのフチをカバーしているビニールのモールが破れつつあることが判明。あまりに情けない状態なので何とかしようと考え、近所のホームセンターに出向いて相談すると、4輪車のドアを保護するモールを勧められました。ちょっと違うんじゃないのかということで工具売り場の店員さんに聞いたところ、アクリル板のフチをカバーするモールならばフィットするんじゃないかということで、売り場で現物合わせをして1m(231円)分を購入。古いモールはすでに脆く、手で剥がそうとするとボロボロと崩れるようにとれていきます。結局、純製品がスクリーン上部のみをカバーしているのに対し、下部も含めてほぼ全周に渡ってモールを取り付けてリフレッシュは終了。

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\20120204.jpg<2012.8.4・・・44273km>

1ヶ月前に裂けてしまった我がジェベル号のシート、いろいろ調べると簡単に張替えができるらしいと分かったのでさっそく取りかかることに。ダイソーでガンタッカー、近所のホームセンターでレザーシートを購入し、まずはオリジナルシート表皮をはがします。さすが、純正品は立体裁断されていますが、こっちは一枚もの() 水の浸入を防ぐためにスポンジの上にビニールを敷き、その上から購入したシートをかぶせて後ろからタッカーで留めていきます。後から修正可能と言い聞かせ、とにかく全体を仮留めしてしまうと修正個所が見えてきます。最大の難関はタンクに覆いかぶさる先端部分で、ここはドライヤーで温めながらシートを引っ張ってシワをなくしていくと、見事に完成! 約千円のコストでこの出来ばえ、150%の満足感。 

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\20120204.jpg<2012.7.21・・・44021km>

河川敷パトロールから戻ってリアタイヤの空気圧を確認しようとしたら、リアブレーキのディスクがやけに発熱しており、ブレーキを引きずっている様子。それじゃぁということでリアブレーキを分解して清掃してやることに。今回、ピストンはバラさず、まずはブレーキユニットを綺麗にしてやり、空になったラバーブーツの中にグリスを詰込んでからパッドピンとスライドピンを磨き、ついでに購入してあった赤パッドに交換してやりました。試走するとブレーキの引きずりもなくなってパワーロスが解消され、明らかに軽快になりましたね。ついでに、グリスガンでリンク部のニップルからグリスを注入してやり本日のメニューは終了・・・と思ったのですが、1箇所、どうしてもグリスが入っていかないところがあり断念。。。

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\20120204.jpg<2012.7.14・・・43983km>

以前から危険水域をさまよっていた我がジェベル号のシートの角、なんとなく縫い目の目が粗くなってきていたので、効果があるのかどうかはさておき、ボンドを塗って応急処置をしておきました。…で、今朝見たらシート表皮が裂けていて中の黄色いスポンジが見えてしまう始末、ヤバいじゃん。表皮を張り替えるというのがメンテの王道だとは知りつつも、黒のビニールテープ2種類をかき集め、これまた効果があるかはわかりませんが裂けた部分にピンポイントで一つ、さらに大きく周囲を覆うようにもう一つを重ねて貼って終了。耐久性に難がありそうですが、剥がれたらまた貼れば良いということで納得させました() 併せて、購入してあったチェーンブラシでチェーンを綺麗にしてやり、注油してミッション終了です。

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\20120204.jpg<2012.7.14・・・43983km>

ホーンの音がいきなり貧弱になり明らかに最期を迎えつつあるバッテリー、以前に購入してあった中華バッテリーへ交換しました。新旧2つを比べると全く同じものであり、あいも変わらず価格優先で購入していることを改めて認識しました() リプレースするとホーンは本来の音を取り戻し、ウインカーやブレーキランプ点灯時にヘッドライトが一時的に暗くなる症状も改善されたことを確認。普通はこんなになるまで放置はしないのでしょうけど…。また、前回交換した際にも感じたのですが、バッテリー交換したらエンジンの伸びも良くなったという印象を強く持ちました。音も変わったかなぁという感じ。電気系統がエンジンの調子を左右するのかは知りませんが、少なくともオーナーの気分はパワーアップされたことは間違いありません。

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\20120204.jpg<2012.6.9・・・43860km>

2週間前にエキパイ磨きをして一定の満足感を味わったものの、どうせならもう少ししっかりとやるかということで、梅雨入りした雨の土曜日に2度目のエキパイ磨きです。今回はエキパイガードとサイドカバーを外してちょっと本気を出しての作業ですが、屋根なし駐車場なので傘を差しながらの作業とならざるを得ず、力が100%かけられません。それでも目に見える個所は光を取り戻しており、最後にピカールを洗い流して作業終了! エンジンをかけると、マフラーの奏でるサウンドは歯切れが良くなった感じがしました(もちろん妄想ですけどね)。バイクをしまう際に左側からエキパイを眺めたら、ヤバッ、こっち側は磨き忘れているじゃん…ということで、どこかで3度目のチャレンジをすることにしましょう!

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\20120204.jpg<2012.5.27・・・43830km>

購入当初は青白い輝きを放っていたエキパイですが、メンテ対象外にあったために何の手当も行ってこなかったこともあり汚れ放題状態でした。こりゃ何とかしないとマズイじゃんということで、ピカールという金属研磨剤とボンスターという金属タワシを購入していざエキパイ磨き! とりあえずピカールを塗ってボンスターで磨くも、なかなか茶色になった表面には変化が見られず、少し力を加えて磨いていくと徐々にシルバーの光が登場してきます。丹念&集中的に磨いた箇所は、確実に満足のいく輝きを放つもののうまく力を入れて磨くのが難しいところが多く、本日は一番目につく正面部分を磨いて任務終了! 車体からエキパイを外せばもっとキレイに磨けるのですが、まぁ、これでも十分に満足です。

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\201205271.jpg<2012.5.27・・・43830km>

ブレーキの効きが甘くなったかな…という実感はないものの、そろそろブレーキパッドを交換しようということでフロントブレーキ部分を分解。ブレーキパッドをチェックするとまだ使えることが分かり、スライドピンを収めるラバー部分にグリスを充てんし、パッドピンにもグリスを塗って組み付けます。ついでにブレーキオイルも交換することとし、ビニールホースをつないで古いオイルを排出します。エアーを噛まないように一人でブレーキレバーを握り&排出口のボルトを締めるのは難しいですが、何とか無事終了。オイルを受けるペットボトルには濁ったオイルが溜まり、それなりに満足感を覚えます! ブレーキの効きを確認すべく河川敷に繰り出しましたが、劇的に良くなったかどうかはよく分からず…()

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\20120204.jpg<2012.4.22・・・43020km>

なかなかバイクで出動することができない状況が続き、気分転換をかねてプチメンテ。この日のメニューは、7年も乗っているにもかかわらず一度も交換をしていないブレーキ・クラッチケーブルへの注油、そして汚れきってカクカクしはじめていたチェーンの清掃・注油、リアリンクのグリスアップ、プラスチックパーツを磨くとともに黒いパーツへのアーマオール塗布などなど。大したメニューではないですが、特に黒いプラスチックパーツはより黒くなって視覚的満足感は高いですね。リアタイヤを外したついでにベアリングのグリスアップをしようとしたのですが、ベアリングを覆うパーツが外れずに断念。メンテ後に試走しようとヘルメットを被ったら雨が降ってきてthe end

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\20120204.jpg<2012.4.4・・・42980km>

以前より気になっていたテールライトのLED化に関する情報をネット検索した結果、サイズの合うLED球を購入して取り付けるのが最も簡単だということが判明し、仕事帰りに秋葉原で途中下車して購入してきました。バイク専用のLED球はかなり高価で、汎用品でも大型量販店だとそれなりの価格ということで、秋葉原の裏道をうろついてかなりお安く手に入れてきました。今回はテールライトとライセンスライトの現物を持参し、店でこれに合うヤツをくださいという素人然とした買い方でしたが、これは正解ですね。さて装着した印象ですが、ライセンスランプは明らかなLED色となり満足感高し! テールライトに関しては赤いレンズを通して目に届くことからLED感は希薄ですが、照度は十分で消費電力も激減とくればOKでしょう!

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\20120204.jpg<2012.2.4・・・42733km>

ほぼ1年前に交換したっきりのエンジンオイル、ふと思い出して交換しました。以前は廃オイルをキャッチし損ねても自宅駐車場だから気にも留めなかったものの、さすがに単身赴任先で借りている駐車場ゆえに万全な準備を施してドレンボルトを緩めます。いつもなら2・3回に分けて利用する廃油処理パックを、贅沢にも今回ポッキリにて利用。1050ccを注入してから大阪方面に試走スタートすると、明らかにエンジンの回転の上がり方がスムーズになったことに気付きます。さらに、シフトダウン時のギアの入り方がカチッとなって気持ち良くなり、マフラーの奏でるサウンドも濁った音から歯切れの良い音に変わりました。1年&3400kmぶりにオイル交換をすると、こんなにもフィールが向上するんだなぁと感心させられましたね()

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\20120107.jpg<2012.1.15・・・42655km>

1週間前に中華バッテリーが弱っているように感じられたので、さっそくネット検索してバッテリー充電器を入手しました。山ほど種類があって何が良いのか分かりませんでしたが、バイクでも使えれば安ければ安いほど良いということで選択。すぐに届いたのでさっそく充電してみると…、なんということでしょうか、何度やっても充電できません。取扱説明書を確認すると、7.5V以下だと充電できないということで、電圧を図る機器がないから明確ではないものの、あの力のなさはそういうことだったんですね、参りました。1年で交換というのは悔しいから、中華バッテリーには何とかこの冬を乗り切ってもらい、暖かくなったら入手することにします。

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\20120115.jpg<2012.1.7・・・42535km>

気が付くとすっかり冬モードになっていて、チラホラと雪が舞う日もあることからハンドルカバーを装着しました。かれこれ足かけ10シーズン目に突入しようという代物ですが、まだまだ機能を発揮してくれそうなのでこのまま活躍してもらうことにしましょう。併せて年末に実施しそこなったプラグ交換もサクッと行っています。南〇部品ではビックリの定価販売だったので、自宅に帰った際に地元のホームセンターで安く買ったおいたイリジウムプラグを装着して始動したところ、心なしか1年前に交換した中華バッテリーに力強さが感じられず・・・まずいじゃん!

 

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\20111002.jpg<2011.10.2・・・42280km> 

ずっと室内で保管していたタイヤ、臭いが気になるのでサクッと前後を交換しました。いつものM社のT63からIRC社のGP21・22に浮気をしましたが、T63に比べてビードが柔らかいので作業は楽でした。走り心地はこれから体感していきますが、おニューゆえにブロックが高く、足つきが悪くなったことでタイヤ交換を実感したのでした。古いタイヤは物置にしまったので、寝る際にタイヤ臭を嗅ぐこともなくなります() 併せて、チェーンを綺麗に清掃&注油したらリアタイヤがスムーズに回るようになりビックリ! 最後はエアフィルターを洗って終了!

 

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: : D:\Homepage\20110731.jpg<2011.7.31・・・41400km> 

最近、ジェベル号は乗りっぱなし状態が続いており、こりゃぁちょっとマズイんじゃないのということで、脈絡もなくメンテナンススタンドを購入しました。自宅にもあるのですが、数年はここ西宮が拠点になるのは間違いないので意を決してゲットです。南海部品に行きましたが高くて手が出ず、行きつけだったアストロプロダクツを検索したら比較的近い箕面にあり、さらに7月末までセール中の上に、18時以降に買うと10%割引! 結果として4320円で入手することができ大満足。さっそくチェーンとスプロケ周りを磨いてやりました! 夏のツーリングが終わったらオイル&タイヤ交換かな!

 

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\201105052.jpg<2011.5.5・・・40400km> 

西宮に引っ越してきてからは、メンテナンスを行う場所が確保できずにいましたが、剣山スーパー林道を走ってきたら車体もチェーンも汚れ放題だったのと、アクセル&クラッチワイヤーへの注油が必要な雰囲気だったので駐輪場の片隅をお借りしてメンテを実施しました。100均で購入してきたバケツに食器洗い用洗剤&水を入れて洗車し、その後、パンク修理用のスタンドにて後輪を持ちあげてチェーン洗浄&オイル塗布を実施、最後にアクセル・クラッチワイヤーに注油を行って本日のメニューは終了。こんな感じならば、タイヤ交換もできるかもしれません!?

 

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\20101211.jpg<2011.2.26・・・39409km> 

東京マラソンの前日なのでまったりと過ごしていましたが、それならば9月以来のオイル交換でもやろうということで、サクッと実行です。大した距離も走っていないはずなのですが、想像以上に汚れていてビックリ! 工具BOXの隅に、いつ購入したか記憶のないオイルフィルタ―が眠っていたので、ついでに交換。1100ccのオイルを計測して注入し、その後に試乗を済ませ、冷えてから改めてオイル点検窓をチェックしたらまだまだ不足してます。あとは目分量で追加し、作業終了!・・・と思ったら、リアブレーキパッド付近で鳴くような音を確認。次の機会にチェックしないと。。。

 

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\20101223.jpg<2010.12.23・・・39003km> 

先週の河川敷パトロールからの帰り道にてメインスイッチが入らなくなる症状が出て、押して帰る羽目になってしまったことから、忘年会たけなわのこの時期であることも考慮しつつ、格安バッテリーを入手し交換を行いました。さっそく河川敷を一回りしてきましたが、始動性は良くなり、特段の問題もない模様(この段階であったら困りますが…)。併せて、シートとタンク、さらにはメーターバイザーを外し、目に触れるカプラーすべてを外してコンタクトスプレーを吹いてやり、最後にキルスイッチとメインキーホールにもシュパっとやって本日のメニューは終了です。

 

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\20101211.jpg<2010.12.11> 

冷間始動時のアイドリングの安定さに不満が出てきたので、ここらが換え時だろうということで、1年ぶりにいつものイリジウムプラグへの交換をしました。外したガソリンタンクも綺麗にしてやりましたが、キャブへつながるガソリンホースが劣化しかけている(過去にはずした際、裂いてしまった)のが分かり、こりゃ何らかの手当てをしないとマズそうな予感です。併せて、チェーン清掃と張りの調整をしてやり、エアクリーナーはまだいけると判断してスルー、最後に冬仕様としてハンドルカバーを装着して完了! 半袖でランニングできる気候なので、今しばらくは邪魔になるだけですけどね。。。

 

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\20101205.jpg<2010.12.5> 

年末に向けて前後ブレーキをバラしてメンテをしようと思ったものの、ランを優先しているので時間が取れず、今年はブレーキオイル交換にとどめることに。DOT4グレードのブレーキオイルを購入し、ビニールホースをつないでブレーキレバーを握り&ブレーキペダルを押して古いオイルをペットボトルで受けます。2年ぶりなので、特にフロントからは透明感のなくなったオイルが出てきて、視覚的にも満足感を味わえます! エアを噛まないように注意して出口のネジを締め、前後ともダイアフラムを装着して蓋を閉めたら終了。交換の効果を体感しにくいメンテメニューですが、安心感はたっぷりと感じました!

 

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\2010071802.jpg<2010.11.3> 

過去に何度かツーリング先でパンクに見舞われたことがあり、キジマのワンナップスタンドが欲しかったのですがすでに絶版。代替手段を考えていたところ、ジェベリスト777さんからヤフオクで簡易スタンドが出品されていると伺い、すぐさまポチッとして入手しました。実際に使ってみた様子が左の画ですが、しっかりとリアタイヤが持ち上げられ、万が一ツーリング先でパンク修理を行う場合にも苦戦しなくて済みそうです。畳んで専用ケースに入れると20cm×5cm×3cm程度で、携行に際しても重さは気になりません。願わくば、利用する機会がない方が良いのですけどね…

 

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\20101016.jpg<2010.11.3> 

アタック系には無縁の私は、F:14丁+R:42丁という燃費重視の組合せです。標準が14+42と言われていますが、記憶では、新車納車時にリアは45が入っていたはず。それを44→42と歯数を減らし今に至っていますが、ここから半年はツーリング機会が減るので、元気の良い仕様に変更しようとフロントを13丁に変えてみました。ホムセンで購入してきたスナップリングプライヤーを使ってあっという間に交換終了。さっそく河川敷ダートを走ってきましたが、明らかにピックアップが向上し乗りやすくなりました。燃費への影響は確実にあると思いますが、近場で遊ぶ分には気にする必要もないのでOKです!

 

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\2010071802.jpg<2010.10.17> 

ここ最近、急に曲がりにくくなり、カーブの最中で急にハンドルが切れるという症状が出てきたので、例によって‘ガレージいが‘に駆け込んでステアリングステムのグリスアップを実施しました。タイヤ・ハンドル・ライト・ハーネス・フォークを取り外してステムを動かすと段付き感が感じられ、上下のベアリングにご対面すると、油分が切れている上に錆も見られます。古いグリスを洗い流し新しいグリスを塗りこむと動きがスムーズになりましたが、次回はベアリングとレースの交換が必要との診断をいただきました。ハーネスを取り外す際にしっかり記録をとっておかないと、組み上げる際に泣きを見ることになりますよ!

 

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\20101016.jpg<2010.9.25> 

2ヶ月前に交換したばかりのオイルですが、この間に3000km以上も走っているので交換です。さすがにかなり黒く変色しており、交換後に試走したらエンジン音の歯切れが良くなり、低速時の加速も心なしか良くなった印象です。同時に、リアのブレーキパッドも交換。分解してパッドピンとスライドピンを綺麗にしてグリスアップし、ラバーブーツにオイルを補充して完了! こちらの試走の印象ですが、利きがイマイチといった状態。あたりが出るまではこんなものなのか、はたまたピストンあたりまでオーバーホールしないとマズイのか・・・、もう少し様子を見ることにしましょう!

 

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\2010071802.jpg<2010.9.12> 

北海道ツーリングにて、ブレーキランプが付きっぱなしという症状が出ていました。分解して確認したら、フロントブレーキレバーとブレーキスイッチとの間の遊びが大きくなり、レバーを戻した時にスイッチが完全に押されないことが原因だと分かったので、レバー側に薄いプラ板を張って確実に押すように加工したところ、見事にブレーキランプが消えました() セコイけど、手作り感満載で満足! ついでに、フロントブレーキが泣き始めていたので分解&グリスアップしたのですが、スライドピンが収まるラバーブーツがヘロヘロ状態で限界近いので、部品注文しておくことにしておきましょう!

 

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\2010071801.jpg<2010.7.18> 

もう少し使えるかなぁと思ったものの、この状態で夏のロングツーリングを走りきるのは無理と判断し、春先に購入してあったいつものミシュランT63に前後とも履き換えました。梅雨明け後の日差しは厳しく、滝のような汗を流しながら前後を合わせて2時間半をかけて無事終了。フロントはなかなか耳が出ず苦戦しましたが、ビードクリーム代わりのハンドソープを塗りまくり何とかクリア。前回のタイヤ交換時期を確認したら昨年の5月、ってことはあまり距離を走っていなかったということですね。交換後に河川敷に出動しましたが、ブロックが高くなってクニャクニャ感にやや違和感があるものの、やはり気持ち良いです、ニュータイヤ!

 

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\2010071802.jpg<2010.7.18> 

タイヤに比べて交換頻度の早いのがオイルです。確認すると4ヶ月前に交換しておりこの間の推定距離は1000kmくらいかな。オイルはいつものカストロールRS(全合成油)の10W−50。同時にオイルフィルターも交換したので、オイルジョッキで1150ccを計ってオイルを注入。 ついでに、アクセルケーブルとクラッチケーブルに注油をしてやり、これで夏のロングツーリングのためのメンテは終了です。どこに行くのかって・・・? 一応、新潟−小樽の往復フェリーのチケットを確保してありますが、実際に新潟港から出航するまでは予断が許さない状況だったりするのです。。。

 

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\2010053001.jpg<2010.5.30> 

5年/3.5万kmが経過し、そろそろフロントフォークオイル交換をしなければということで、いつものガレージIGAに出向きました。タイヤを外しフォークを止めているボルト類を緩めるとあっけなくフォークを引き抜くことができ、キャップを外して意外にキレイだったオイルとご対面。指定粘度より若干柔らかめなオイルをメスシリンダーで538ccを(超目分量で計測して)流し込んでやり、あとは組みつけてOK! ただし、元の状態をしっかりと記憶・記録しておかないと作業やり直しという羽目になるので気を付けましょう(私はフェンダーを外して対処することで事なきを得ました)。

 

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\2010053002.jpg<2010.5.30> 

サイドスタンドがスイングアームを削ってしまうというジェベルXCの持病、2006年にクレーム扱いにて処置完了したのに、スタンドの口が広がってしまって症状が再発。今回、ショートスタンドに付け変えるに際し、地面接地面の内側をグラインダーで削ってスイングアームへの干渉可能性も削り取りました。さらに‘青忍スペシャル’にてスタンドの跳ね上げ角度を抑制することに成功し、ダブルでリスク軽減を図って完了。サイドスタンドスイッチをキャンセルしたマシンならば、超簡単な‘青忍スペシャル’はお勧めです(説明し難いので、知りたい方はお問い合わせ下さい!)。

 

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\20100515.jpg<2010.5.15> 

ジェベルXCオーナーの間で話題になるネタの一つに、騒音対策のために4速時に点火をカットすると言われるピンク配線を殺す・・・というのがあり、今回、これをやってみました。作業自体は簡単で、シート下のピンク配線のギボシを引っこ抜いてガムテープで保護してお終い、ものの5分とかかりません。すぐに4速主体で試乗しましたが、4速の加速が多少力強くなったかな・・・という感じです() 中央左のグリーンのカプラーはサイドスタンドスイッチへと繋がる配線で、うちのジェベル号ではすでに短絡させてあるのでサイドスタンドの位置に関わらずギアが入ります!

 

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\20100505.jpg<2010.5.7> 

GWのキャンプツーリングでドロドロになったジェベル号、気合を入れてキレイにしてやろう諸々メンテを施してやりました。ボディ全体をシャンプー、外装は激落ち君とポリメイトで磨いてやり、メーター回りもスクリーンとメーターカウルを外してリフレッシュ。さらにチェーン洗浄、リアリンクへのグリス注油、前後ブレーキキャリパ分解&グリス注入、エアフィルター洗浄というメニューをこなし、見違えるような(?)男っぷりに変身しました。左の画像の通り、フロントブレーキキャリパを分解したところ、ブーツの中にはグリスが空っぽ状態でした(反省)。。。

 

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\20100417.jpg<2010.4.18> 

かれこれ10年に達しようかというツアークロス、買い替えを目論み、ネットのセールで注文したものの在庫がなく断念。とりあえず、アチコチの不都合を直してやろうとメンテしたのは、激落ち君を使ってのシールドの表面研磨、帽体表面研磨、パッド洗濯、壊れたネジ交換です。やばいかもと思ったシールドは曇りがちゃん取れ、帽体も見違えるほどきれいになってGOOD! ネジは途中で折れてしまっていたので内部に残っていたヤツをほじくり出し、工具箱にあった6mmの金属ネジを代用品としてはめ込んで終了。最後にリセッシュを吹き、匂いも爽やかになり満足!

 

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\20100313.jpg<2010.3.13> 

ふとオイル点検窓を見たら、Lowerレベルよりも下までしかオイルがないじゃん・・・ということで、デザートランで酷使したのでちょうど良いタイミングということもあり、慌ててオイル交換をしました。フィルターやらガスケットも交換したかったけど準備していないので、いつものカストロールRSを多めに(1150cc)入れてやりました。また、気温も一気に春めいてきたこともあってハンドルカバーも外したら、なんとなんと、砂が目いっぱい出てきて、デザートランの後のメンテはマジでしっかりやっておかないとマズイなって実感したのでした。。。

 

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\20100124.jpg<2010.1.25> 

キーオフするとデジタル時計が午前0時になってしまう症状が再発しました。加えて、時間の刻み方も一定せずどんどん時間がずれていってしまうという、時計の暴走が始まりました。何をしたら良いのかが不明なので、何はともあれフロントスクリーンとメーターカバーを外して配線を剥き出しにし、目に見える全てのカプラー&ギボシを引っこ抜き、CRCを吹きかけて‘おまじない’をかけてみました。その成果が実ったのかデジタル時計は復活し、その後も何度かキーオフ/オンをしても、翌日に確認しても正確に時を刻んでいるのが確認できて、無事に暴走は解除できました()

 

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\20100110.jpg<2010.1.11> 

ジェベルの(ささやかな)弱点の一つとして、ライセンスバルブがちょいちょい切れてしまうということが挙げられます。4年半&3.2万kmで4度目の玉切れ、少ないとは言い切れませんよね。いつものようにホームセンターで交換バルブ(73円、安っ)を買い求めて装着したのですが、どうも照度が弱い感じがします。下側のレンズ(透明なところ)をキレイにしてやり、さらに、バルブの光を有効利用しようということで内部にアルミホイルを貼ったらわずかながら明るさがアップした印象。本当はLEDを装着したかったけど、手間とコストがかかるので断念っす。

 

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\20091212.jpg<2009.12.12> 

年末メンテ第二弾はアクセル・クラッチケーブルへの注油。いつものようにインジェクターをかませて上からオイルを吹いていくと、下側にオイルが導通するのが確認できて満足です。アクセルグリップもキレイにしてやり、黒いプラスチックパーツをより黒くするためにケミカルを塗りたくったり、指が届く幾つかのキボシをひっこ抜いて磨いてやったりして満足です。先日より、キーオフにするとデジタルメーターの時計が午前0時に戻ったり、フロントブレーキをかけてもブレーキランプがつかない症状があったのですが、対処療法でとりあえずは問題なしとなりました。。。

 

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\20091206.jpg<2009.12.6> 

前の週のビーチランで少なからず塩水を浴び、洗車は行なったもののチト心配なのと、丁度年末メンテシーズンなのもあり、第一弾として前後ブレーキのキャリパーを分解してスライドピン&パッドピンのグリスアップを行ないました。特にスライドピンのラバーブーツ内はカラカラ状態だったことから、グリスを満タンに詰め込んで終了。ジャッキアップしたついでに前後のシャフトをキレイにしてやり、こっちもグリスをヌリヌリして満足満足 (^^)v 次週以降、年末メンテ第二弾としてケーブル注油とデジタルメーター点検(時計がオカシイ!)でもしてやります!!

 

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\20090825.jpg<2009.8.24> 

GW直後に交換したので、およそ3ヶ月半ぶりですが、ロングツーリングをいくつかこなしていることから、今回、交換することに! オイルはいつものカストロールRSの10W−50。アンダーガードの肉抜き穴から黒くなったオイルを抜き取る際、粗相をして下にこぼしてしまい、慌てて拭き取るものの痕跡は隠しようもなく(やばい、嫁に叱られる・・・)。今回、気分を出すためにオイルジョッキを購入しました。いつもは缶から直接注入するので超目分量ゆえに入れすぎ傾向にありましたが、これでしっかり計量することができます (^^)v

 

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\20090802.jpg<2009.8.2> 

オフロードバイクの装着率が非常に高いと思われる可倒式ミラーですが、震動に弱く、ビビリにて後方が確認しにくいのが弱点。致命傷ではないものの、何か対策はないかとあれこれ考え、ミラーのどこかにクッションを噛ませてやるのが良さそう! 色々試した結果、ボールジョイントの真下にスポンジを詰め込むことに決定 (^^)v  スポンジを刻んで挿入し、そのまま締めていけば作業完了! すぐに試走したところ、完全にビビリは排除できないものの大きく後方視界は改善され、「伊東家の食卓」レベルのプチメンテは無事に終了()

 

 

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\2009072501.jpg<2009.7.25> 

丸4年&3万kmを経過したので、2度目のチェーン&前後スプロケの交換を、2年前と同様に「ガレージいが」にお邪魔してやってきました。日帰りロングツーリングという用途がメインなので、14−42という高速仕様にチェンジです。ガレ場での低速走行はしないし、林道ものんびりツーリングに徹するスタイルなので、これでも不満はないものと思いますね! 自分でサクッと交換できれば良いのですが、カシメ具を入手しなくてはイケないのが難点なんだなぁ。フロント用にサイズ違いのスプロケを入手し、交換してみるのも楽しいかもしれないと思うのでした!

 

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\2009072502.jpg<2009.7.25> 

チェーン交換と同時にリアリンクのグリスアップもやりました(=やってもらいました)。古いグリスを洗い流し新しいものを塗りこんでいきます。画面真ん中のシャフトは油っけがZEROで、マジで危機一髪でした(汗)。作業の途中、スイングアームシャフトのニップルにグリス注入し、グリスガンを外そうとしたところニップルが取れてしまい(ねじ山ガタガタ)、途中参戦の青忍さんにも手伝っていただいてニップルのねじ山を切り直し、リアサスを外して狭いところに手をねじ込んで何とか復活しました。工具ってスゴイ、とココロのそこから感動させられました (^^)v

 

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\20090711.jpg<2009.7.11> 

前週のサイドスタンドセンサーキャンセルに引続き、今回もエンジン始動時の余計なお世話アイテムのキャンセルメンテです。要は、クラッチを切らないとセルモーターが回らないというスイッチを切ってしまおうというもの! フロントスクリーンとメーターカバーを外し、あとはクラッチから伸びているコードを、セル側から来ているヤツと直結するだけでおしまいという簡単な作業でした。普段はクラッチを握ってセルを回すクセがついているので変わりはないでしょうが、冬ハンドルカバー装着時にはクラッチを握るのが面倒なので、その時には効果を体感できることでしょう!

 

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\20090704.jpg<2009.7.4> 

河川敷パトロール時の段差越えで瞬間的にエンジンが息継ぎしたり、スタンドを払ってスタートしようとギアを入れるとエンジンが止まってしまう症状がチラホラ出てきました。サイドスタンドセンサーの接触不良なのでちゃんと整備すれば良いのでしょうが、これを機にセンサーをキャンセルすることにしました。シートを外し、サイドスタンドセンサーのコードを探り当て、カプラーを外してから2本のコードを短絡させて(赤い部品:45円也)作業終了! この方法ならば、元に戻すのも簡単ですね。 河川敷に出向いて段差を走っても息継ぎもなくなり満足です !(^^)!

 

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\20090510.jpg<2009.5.10> 

2.8万kmを越え、前後タイヤの交換です。前は5度目&後ろは3度目となり、銘柄は半年前に購入&保管してあったミシュランのT63です。前後を一緒に交換するのは初めてで、半日仕事になるかと思いきや、過去の経験が生きて2時間半で終了 !(^^)!  ポイントは、ビードクリーム(私は液体ハンドソープですけど)をたっぷりと塗るっていうことっすね。装着後に河川敷パトロールに出動してきましたが、アクセルをグイッと煽ると、路面にクッキリと跡がマーキングされてとっても気分が良かったっす!

 

 

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\2009050901.jpg<2009.5.9> 

いよいよバイクシーズン到来ということで、オイルとプラグ交換を行ないました。オイルはいつものカストロールRS、プラグはいつものイリジウム9番です。プラグ交換にはタンクを下ろさないとイケないので、面倒だと思う反面で、いかにもメンテしている不雰囲気があってちょっと満足() ついでに、アクセルとクラッチケーブルに注油をし、下側からオイルが流れ出たことを確認して無事完了! メンテを終えて河川敷を走りましたが、オイルとプラグ交換の成果(?)で高回転域での延びが明らかに向上し、200ccから250ccに乗り換えたほどの感覚を覚えました (^^)v

 

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: D:\Homepage\20090118.jpg<2009.1.18> 

以前よりメンテメニューとしてステアリングステムのグリスアップを考えていたところ、納走会にて「たか&ひなさん」と「やってみよう=多いに助けていただこう」と話になり、今回、ご自宅を襲撃しました。苦労の末に上下のベアリングとご対面したら、汚れはないものの油っけもなく、たっぷりとグリスをヌリヌリ! 配線の束を畳み込むのにやや悩んだものの、3時間少々にて無事メニュー完了です。私が手間取っている間、「たかさん」にあちこちメンテしていただいた成果もあって、帰宅時のステアリングの手応えは明らか&劇的に向上し、マジで満足度150%です (^^)v

 

 

 

 

 

HOMEへ戻ります!