数行小説の間 myネタ帳(笑)
(別名『自己満足の間』)いやほんとに;


数行小説:
 いつか何処かで見た風景や、情景、ふっと感じたイメージを残しておきたい。そう思うこと、ありませんか?
 本当は絵に描いて残せればいいんだけど、私はぶきっちょで絵がかけないので、小説の一部みたいな形にしてみました。
 風景画を見るように、全体の印象や肌触りみたいなのを、なんとなく感じ取ってみてください。




初夏へ
トップページ用に作成。
(2005/5/5)


トップページ用に作成。
(2005/5/5)


離郷
冬の秋田へ出張に行った時。
冬の情緒にあふれた町との別れを惜しみ、
せめて記念に、と書きました。
(2005/5/5)


トップページ用に作成。
(2005/5/5)


トップページ用に作成。
(2005/5/5)


生存問答
生き続けるためには、歩き続けなければならない。
・・・という持論。
(2005/5/5)


さよなら
いつまでも霞まない幼い日の別れ。
イメージのみを元に作りました。
(2005/5/5)


あの懐かしい思い出の匂い
旧友との再会。
嬉しいけど、寂しい。
そんな複雑な気持ち。
(2004/7/22)


夏への帰郷
久しぶりに明るい?話。
夏と帰郷の話・・・そのまんまです。
・・・てか、だんだん「数行」じゃなくなってきてますね;
(2004/7/22)


虚像の便り
辛くても泣くのは良くない、カッコ悪い。
なんとなくそう思っている方も多いのでは?
でも、泣いてしまえばすっきりする、そんなこともあります。
・・・という実体験に基づきます(笑)
(2004/4/15)


漁火(いさりび)
遠く、かすかにしか見えない希望でも、目指して歩いていける。
そんな勇気。
(2004/1/29)


あの夏
今年の夏は涼しかったなぁ、みたいな。
(2003/10/30)


終わり
Ghost最萌トーナメントの「まゆら支援ムービー」を見て、
心に残った印象を形にしてみました。
あくまで「印象」なので、「何を象徴してる」とか、
そういう意識は特にありません。
(2003/9/20)


回路
夢を追い続けて生きたい、生きて欲しい。
ほかの人に自慢できるような。
後悔しないように。
なんとなく、そんな印象で書きました。
(2003/8/21)


九州は梅雨に入り、東京ももう間もなくでしょうか。
青空の恋しくなる季節、
そんなイメージには大げさすぎますかね。
(2003/6/9)


生きる
ふと頭に浮かんだ一節。
(2003/5/6)


春の贈り物
春です。なんか寒い日もあるけどやっぱ春はいいもんです。
春といえば出会い、そして再会。そんな数行小説です。
(2003/4/?)


今はもう
大外しに外した数学の試験への想いを
数行小説にしてみました(泣)
(2003/2/?)


冬の思い
東京にも初雪が降り、いよいよ「冬っ」って感じです。
てなわけで、冬っぽいのを一つ。
あったかい話も良いけど、「冬の澄んだ空気」と「切ない思い」って、
やっぱりいい感じでマッチしますね。
(2003/?/?)


叫び
非行少年少女が増えてますが、
頑張って生きてほしいものです。
(2002/?/?)


冬の灯火
私が冬が好きなのは、そこに夏の亡霊を見ているから? とか思ったり。
皆さんはどんな季節が好きですか?
(2002/?/?)


夏の終わり
いつも「冬が好きだ」とか言っておきながら、夏の終わりにはこんなことを考えてみたり。
やっぱ夏って、不思議な魅力がありますよね。
(2002/?/?)


澄んでいた空
試験的な作品。
深い穴の中から見上げた空。
手の届かない空。
その空に憧れるようなイメージです。
(2002/?/?)


飼い犬に手を
ちょっぴりSFちっく。
(2001/?/?)


ゆめおい
ん? これが大学初かな?
(2002/?/?)


茜色の夕闇
ナンセンスなブラックネタ(うわ
・・・て、ブラックばっかじゃん!!
(2001/?/?)


いつか、そこにあったはずの希望
最後にちょびっとだけ過去視点になってるのがお気に入りです。
(2001/?/?)


それが現実
相変わらず重いなぁ・・・。
(2001/?/?)


戦の果てに
これも高校時代っぽいです。暗い話が多いのは成績不振の所為?
(2001/?/?)


君といた季節
高校時代に、期末試験の答案の裏に書いたらしい(笑)
(2001/?/?)



バックオーライ!