好事家の物置
||表紙|| ||写本関係|| ||アベラールとエロイーズ関係||
|史跡| |音楽・絵画| |ノンフィクション| |フィクション|


アベラールとエロイーズ関係の... 音楽

Heloise
heloise Michael RIESSLER / Heloise WERGO: WER 8008-2 / 288 008-2 (1993 ASIN: B000025TEH).
 フランスの(もともとはドイツ生まれ)奇才クラリネット奏者のRIESSLERによるアルバムで、1992年10月17日「ドナウエッシンゲン音楽祭」でのライヴ録音によるもの。
	 1 Sequentiae
	 2 St. Denis
	 3 S.D.F./q.e.d.
	 4 Mr. J.D. (..sic!)
	 5 Die Horen des Astrolabius
	 6 Bulegria
	 7 Planctus / Kanga
	 8 La Chasse
	 9 Danse brisee
	10 Unstern
	11 Grille 
	12 Cantus
	

Tentations d'Abelard
tentations d'abelard Michael RIESSLER / Tentations d'Abelard WERGO: WER 8009-2 / 288 009-2 (1995 ASIN: B000026VI0).
 同じくRIESSLERによるもので、上記HELOISEとほぼ同じメンバーによるいわば続編。
	 1 Sequentiae
	 2 St. Denis
	 3 S.D.F./q.e.d.
	 4 Mr. J.D. (..sic!)
	 5 Die Horen des Astrolabius
	 6 Bulegria
	 7 Planctus / Kanga
	 8 La Chasse
	 9 Danse brisee
	10 Unstern
	11 Grille
	12 Cantus
	

Abelard and Heloise
Third Ear Band / Abelard and Heloise Voiceprintjapan: VPJ119 (1999 ASIN: B00005IIDU).
abelard and heloise  プログレッシブ・ロックの中ではかなり有名なバンドのようですが、私自身はプログレは苦手で今まで知りませんでした。(^^;
 1970年にドイツのテレビ番組(フックスという幻想画家による制作)のために録音された音源が見つかって、最近、CD化されたようです。

2005年9月30日・追記:ちなみに、UK版はこちら
	 1 Abelard and Heloise #1
	 2 Abelard and Heloise #2
	 3 Abelard and Heloise #3
	 4 Abelard and Heloise #4
	 5 Abelard and Heloise #5
	 6 Abelard and Heloise #6
	

Ella Fitzgerald Sings The Cole Porter Songbook
Ella Fitzgerald Sings The Cole Porter Songbook Verve: 314 537 27-2 (1997 ASIN: B000000181).
Ella Fitzgerald  タイトル通りJazz Vocalistとしては言わずと知れたElla FitzgeraldによるCole Porter集で、録音自体は1956年のものです。CD二枚からなっており、Disk 1の10曲目「Just One Of Those Things」にアベラールとエロイーズへの言及があります。つまり、曲の前奏部分でEllaのセリフがあるのですが、その中で "Abelard said Heloise `Don't forget drop a line to me, please.'" というセリフが出てきます。
 ちなみに歌詞はさびの部分が `If we'd thought a bit of end of it / When we started painting the town / We'd have been aware that our love affair / Was too hot not to cool down'ってなっており、なるほどという感じです。


2005年9月30日・追記:現在、上記アルバムはアマゾンで「お取り扱いできません」になっているけど、二枚組みの別々なパッケージ販売なら入手可能なようだ。もちろんDISK2に相当する方ではなくて、DISK1に相当するこちらに「Just One Of Those Things」は収録されている。



アベラールとエロイーズ関係の... 絵画

Site philosophique de l'Academie de Lyon
ABELARD
 Site philosophique de l'Academie de Lyonのコンテンツで、アベラールを描いた絵画をまとめたページ。おそらくTableau historique de la philosophieのコンテンツとして予定されている"Le Moyen-Age"の一部になる予定なのではないかと思う。欲を言えば、どこに行けば実物を見ることができるか、あるいはどの書籍を入手すれば、どのサイトにアクセスすれば件の絵が入手できるかという情報がしっかり載っていればよかったのにと思わぬではなし。






go home  トップページへ戻る