ホーム
生産の基本
不確定性
生産管理
在庫管理
プロジェクト管理
SCM
生産方式の特徴
書籍・文献
トピックス
ご意見・ご質問
TOC(旧資料)

教育分野での思考プロセス

TOC思考プロセスは教育の分野でも普及が進んでいる。1995年TOC教育協会(TOCFE)が設立され、現在1 8カ国の小・中・高校の教育現場で活用され、その効果に注目が集まっている。生徒・学生の論理的思考能力の向上のみならず、学校生活など日常の中の問題解決などにも有効に活用されている。

日本でも、 画一・詰め込み型教育からの脱却を模索しながらも、一方では学力の低下という問題を抱え、未だ解決の方向性はみえない。日夜現場で奮闘する教職員そして教育のレベル、質の向上に腐心している教育関係者に、TOC思考プロセスが大いに役に立つのではないかと考えている。日本での普及を図るにあたり、TOC教育協会(TOCFE)のアジア地区担当ディレクターのMrs.Khaw Choon Ean(マレーシア)より、紹介のメッセージを頂いた。


左から佐々木俊雄、Kathy Suerken(CEO of TOCFE)、Dr.Goldratt
(2004年4月23日、TOCFE in Reception after Viable Vision Seminar)