Boost Up Web

工具あれこれ


ツールボックス(1)

もともと必要最小限の点数の工具しか持ち合わせていないが、数百km単位のロングドライブともなると、それら一式を携行したくなるものだ。それは殆どお守りレベルの安心感を得るための道具という感じだが、その際問題になってくるのが工具箱のサイズと重さだ。

純正車載工具は当然積んでいる。しかし車載工具の中にあって実際の整備で使用しているものは、プーリーレンチとプラグレンチの2つ。もう一つ加えるとすれば、ホイールナットレンチか。せいぜいその3点だ。その他は使うべきではないか、使い勝手が悪いかだ。

車載工具セットの存在自体言ってみればエンジンルームに並ぶコーションプレートのようなもので、ある(残っている)ことに意義がある。旧年式の車を出来るだけコンディションを保ちながら維持しようというなら尚更に、むしろそちらの意味のほうが重要だったりもする。

緊急用具で緊急事態を脱することは出来ない、というのも少しおかしな話だが、ともかく車載工具とは別に信頼出来て手になじんだ自前の工具を積み込めば済む話でもある。

現在カーメンテナンス用の工具を収納しているのはKRA250B。収納率(という表現でいいのか)もほぼ100%に近い状況で、下段などは並びの順番を変えるとうまく納まらない。

KRA250B.01
KRA250B.02
Copyright © 2004 - 2008 Boost Up Web. All Rights Reserved.