Boost Up Web

トラブルと対策


ODD METER007 イグニションコイル不良

新横浜駅から環状2号を南下しようというところだった。駅ロータリーを左折すると直ぐに大きな陸橋を越えるが、まさに上りきって下り坂に差し掛かったところでメーターパネル中の警告灯が一斉に点灯し、エンジンストールした。ただ単なるエンスト(単なると言っても何らか原因があるが)なら、もう一度クラッチをつないであげれば再始動しそうなものだが、そういうことでもなかった。遠い過去に経験したガス欠のような感じの止まり方だ。

惰性で少し走らせ、ちょうどガソリンスタンドの横の路肩で停車させた。キーをひねればクランキングはする。が、初爆はない。スタンドの方の好意で、敷地の隅を借りて調べることにした。クランキング時にマフラー近辺がガソリン臭くなってくるため、燃料系はほぼ大丈夫とは思いつつも、リレーも点検し、燃料ポンプの電源を強制的に入れて動作させたりなど、燃料系に関しては一通り確認した。電気系統の方ではプラグを確認したところ、一応火花は飛んでいる。それなのにエンジンが始動しないのはなぜか。

当然過去の事例もあるので、一通り思いつく限りの部位は点検を行ってみたものの、はっきり原因がつかめない。再度プラグを確認していると、火が飛ばないこともあるのだ。点火系の何かが悪いことだけはなんとなく判断出来た。しかし、自分の手と手持ちの材料・工具で解決出来ないのは明らかだったため、最寄のPCへ電話をかけてみた。

営業自体はしているのだが、日曜はメカニックが休みとのこと、ほんの数分歩けばという距離なのだが力を貸してもらえそうにはない。販売が仕事であるディーラーならば仕方のないことか。ローダーを手配して、普段お世話になっているショップへ向かうことにした。ブリジストンのロードサービスは便利で10kmまでのローダーサービスは無料となっている。今回は無料で済まされる距離でもないが、それでも使った方がいい。また、JAFのように専用の救援車が来るのではなく、トラブル発生地点に一番近い所から順に最も短時間で向かえる業者を手配してくれるのだ。それだけ待ち時間も少なくて済む。

自分で行った点検内容と結果を伝えながらメカニックの方と故障部位を探っていく。やはり火花の飛びは弱いようだが、各所調べてゆくも、なかなかこれと特定出来ない。CDIもディストリビューターもテスト用のものと交換して試すが、症状に変化はなかった。ここで一つ、最初から点検リストに入れていなかったものがある。2ヶ月程前に新品に交換したばかりのイグニッションコイルだ。ショップ側でも交換したばかりということは記憶しておられたので、まさかと思ったようだが、最後にこれをテスト用と交換してみると、見事にエンジンがかかる。

交換したばかりというのが全員の頭にあって、遠回りをしてしまったが、結果的にはイグニッションコイルの製品不良ということだった。今回はメーカーへのクレームで新品交換という形を取ってもらえた。飛び込みにもかかわらず、時間を費やしてトラブルシューティングして頂いた上に、代金無料というのはなんとも恐縮してしまうが、こういうショップの存在は本当に有難い。

イグニッションコイル不良品は、たまにあるらしい。これは避けようがないトラブルだが、今回は故障が発生したタイミング(上り坂途中でなくて)にも、親身になってくれたショップにも助けられた。

Copyright © 2004 - 2008 Boost Up Web. All Rights Reserved.