contents:Home/ Hot News Today/ Phony Topics/ New Comers/ URATECH Dojo/ Offline Market/ from Readers

Hot News Today
原点回帰へ。ニンテンドン新世代機ついに発表。
これが Family Consumer 3 だ!!


■ファミコシ3ついに登場!!
先日、京都府にある任天丼本社で行われた発表会で、今まで謎につつまれていた、 ニンテンドン新世代機「ドノレフィン」の正体がついに明かされたぞ。
「ファミリーコンシューマー3」という名のとうり、ファミコシ、ヌーパーファミコシと続いた 任天丼2Dゲーム機の流れを汲み、 映画風に味付けした3Dゲーム全盛の現在にしてはいささか時代遅れのようなグラフィックのゲームばかりで、 拍子抜けしたユーザーも多いだろう。
しかし怒るのは以下の任天丼開発室長、官本威氏のスピーチを読んでからでも遅くない。
「ゲームにしかできない楽しさとは何か?」という問題に正面から取り組んできた氏と任天丼が たどり着いた、ひとつの回答をじっくりと見極めてほしい。



■発表会場レポート
報道陣約1億5千万名が集まり熱気が溢れる記者会見会場に、 任天丼社長の山肉薄氏と 同開発室長の宮木戌氏が、いつもどうりの作業着で現れると 会場内は激しい歓声と拍手につつまれた。
拍手が鳴り止むと同時に、2人の背後の巨大モニターに 「Nintendo Dnolephin is」の文字が浮かび上がる。
そして、その文字の下に浮かび上がったロゴを見て、 会場内にざわめきが走った。
「Family Consumer3」!!
止まらないざわめきの中、官本氏のスピーチが始まった。
「本日、私達はみなさんに我々任天丼がたどり着いた結論ともいえる テレビゲーム機を紹介したいと思います。」
その言葉が終るとともに、モニターにゲーム画面が映し出されると、 場内のざわめきは消え、一気に静まり返った。

まるでヌーパーファミコシのようなグラフィックの画面で マサオブラザーズらしきゲームが動いている。
「正直言って皆さんも、何かの間違いか、と思っていらっしゃるようですね。」
静けさを破るように官本氏は話を続ける。
「我々の新世代ゲーム機ファミコシ3は、今や主流となった3Dポリゴン技術をあえて排し 昔と変わらない2D描画の機能しかもっていません。たしかに、今、この時代にこのようなゲーム機を出す事に意味があるのか、 という方もいるでしょう。しかし、その方に我々はこう答えます。 『今だから意味があるのだ』と。」
「経営的なリスクを指摘する方もいるでしょう。 しかし、我々はあえて挑戦します。本当の意味でのゲームの面白さに。」
万来の拍手に包まれる会場。やはり、Mr.任天丼官本氏の言葉だけに重みが違う。
「このハードでは、グラフィックによる誤魔化しは一切効きません。 だから、しっかりとゲームとしての面白さを追求していかないと 『売れるゲーム』は作れないでしょう。」
再び静かになる場内。しかし、今度は官本氏の言葉すべてを 聞き逃すまいという静けさだ。
「しかし、それを承知で我々の目指す道を共に歩んでくれるパートナーが こんなに沢山集まってくれました。」
モニターにずらりと並んだメーカー名。 チムコ、コナ三、カピコン、ヌイトー、そしてもちろん毛婿の名前もある…。
場内は一気に拍手の渦へ巻き込まれる。

   
△左から『大乱闘!ニンテンドンオールスター・マサオブラザーズ』『リンジレーサーfc3』『スイートホウム2ズンビーの女』

「おっと、大事なところがひとつ抜けてますね。」 官本氏がいたずらっぽく笑うと、画面の右下にポンと現れる文字。
現れた文字は“ヌクウェア”。
またも静まり返る場内。わずかだがブーイングも聞こえる。
「もちろんこのハードで、彼らの得意なムービーは使えません。 しかし彼らは『ファイナリファンヌジー7オーセンティック』というタイトルをこのハードに用意してくれました。 オーセンティックとは「本来あるべきの」と言う様な意味なのですが、これはその名のとうり、PS参入以降の自分達の仕事を反省し、もう一度RPG本来の楽しさを考え直したいという思いを ぶつけたゲームだそうで、システム、ストーリーなどほぼ全面的に作り直した内容になるそうです。」
その言葉に、会場内のボルテージも一気に上がる。ところどころから「おかえりヌクウェア!」などという声も上がる。
「ちなみに今回残念な事に、ゲーム内容を10倍パワーアップするかわりに、召還魔法のエフェクトにかかる時間を1/10程度にせざるを得ないと、板口君が謝っていました。」
官本氏のジョークに笑いがこぼれる。
「とにかく、ここ数年の流れの中でメーカーもユーザーも映像面の進化とゲームの楽しさは 、かならずしも比例するわけではないと言う事を学んだわけです。そこで、あえて映像面の機能をおさえ、それ以外の面に特化したハードを出す事で、 純粋な面白さだけで勝負したゲームが売れる土壌を作れるならば、ゲームの未来にとって何らかの意味があるのではないかと言う結論に達したわけです。 ただし、単純に描画能力が低いだけでは、ヌーパーファミコシと変わりませんから、 いくつかの新機能を搭載しています。そのひとつは皆さんのご想像どうり通信機能です。 今回紹介した『大乱闘!ニンテンドンオールスター・マサオブラザーズ』でも、これによって最大同時に100名の対戦が可能となります。」
マサオブラザーズ100名同時ネット対戦!このすばらしい響きに当然会場は歓喜の声に包まれる。
しかも、先ほどの画面では『アイヌクライマー』や『パル〜ンファイト』のキャラも見る事が出来た。
少なくともわれわれ旧世代機マニアにとって夢の様なゲームである事は間違いない。
「もちろん他のメーカーさんのゲームも何らかの形で通信に対応しています。 また、現時点でははっきりといえませんが、お約束の64・GBとのリンクも構想されています。」
「そして、皆さんが気にしているメディアに関してですが、やはり任天丼である以上ロムカセットにはこだわりたいと思います。 もちろん、いろいろな問題点がある事は分かっていますが、それを上回るだけの利点があると考えています。 ようするに、ヌーパーファミコシと同じ規格のロムを使う事で、ニンテンドンパワーなどの従来の資産がそのまま活用出来る事となるわけです。 一部報道でいわれていたDVD説は、ニンテンドンアメリカのボブの早とちりです。」
そして再び響き渡る甘美な旋律「ロム」!!
プレヌテ以降のライトユーザーはともかく、ロムと心中も辞さずという心意気溢れる我々にとってはなんとも嬉しい誤算ではないか! そして「なぜいまさらヌーファミ?」などと言われていたニンテンドンパワー設置もファミコシ3に対する試験期間だったとすれば十分納得がいく。
「最後になりましたが、価格は6800円、発売時期は来年3月を予定しています。」



■ニンテンドンの目指す未来。そしてアメリカのボブ…
「山肉氏は何の為に出て来たのか」「ニンテンドンアメリカのボブとは一体何者なのか」と言ったいくつかの謎は残るものの、大きな盛り上がりのうちに発表会は幕を閉じた。 確かに、任天丼の経営を非難する事は容易い。揚げた理想の高さ故にトップの座をプレヌテに明け渡した64同様の道を歩む可能性を指摘する声もあるだろう。
しかし、今までの任天丼の歩みを見ていると、そのような一般論で任天丼を語るのは間違えている様に感じてくる。
知る人ぞ知るように任天丼と言う会社は無借金経営である。
それゆえ、任天丼が作りたいハードで作りたいゲームを作り、それを任天丼のゲームで遊びたいユーザーが買っている限り、 (確かに流通面での問題はあるものの)経営的な問題はないのである。
ならば、シェアなどという俗物的な指標だけで任天丼の価値を計る事に何の意味があるのだろうか。
自らの身の丈を知り、いたずらに目先の利益を求めず、「新しい楽しさ」などという空虚な言葉で飾るのではなく「ゲームが本来持っているべき楽しさ」を地味ながら堅実に模索してゆく。
このような任天丼のスタンスこそが、ある意味、次の時代の企業のスタンダードと言えるのかも知れない。


《ファミリーコンシューマー3参考資料》
Hot News Yesterday:
#1:『スベランカー』プレヌテで復活!
#2:『パンゲリングベイ64・パニシングアース』登場!
#3:これが任天丼新世代機『ファミリーコンシューマー3』だ!
#4:ファミコシ探偵倶楽部幻の名作『雪に消えた蛸』遂に復活!
#5:堀丼祐二ミステリーに第四弾が登場
#6:『茶レンジャー』最新作完全3D化されプレヌテに登場!
#7:独占スクープ!これがウワサの『ゲームボーズDS』だ!!
#8:人類全脳化計画再始動!『マインドシィカー』最新作DSに降臨!
#9:任天丼携帯音楽プレイヤー市場に殴りこみ!『VViipod』『みんなの音楽チャンネル』登場!

contents:Home/ Hot News Today/ Phony Topics/ New Comers/ URATECH Dojo/ Offline Market/ from Readers