タンチョウ・フォトギャラリー

御覧頂き、ありがとうございます。
2012年度を最後に、しばらくお休み致します。

私がはじめてタンチョウを撮影したのが、1993年12月31日。
それ以来、本年まで22回ほど釧路入りし、毎年の恒例行事の撮影となりました...。

白い雪原の上を舞い、澄み切った青空、夕焼けの空を自由に飛びまわり、厳冬の河川で朝を迎えるタンチョウ。そして、つがいとなったタンチョウ夫婦の愛の絆は深く、一生を共にすると言われております。美しいタンチョウ夫婦、家族の仲の良さ、そしてすばらしい大自然に魅力を感じ、今後も撮り続けていきたいと思っております。

厳冬期の撮影では、通常では考えられないカメラトラブルに見舞われます。
また、3泊4日や5泊6日程度の撮影では、天候に恵まれない日々、思うように青空、夕暮れ時に飛翔してくれない日々、タンチョウの優雅な舞いを見せてくれない日々などあります。風景撮影の気象条件プラス羽ばたきのあるタンチョウの翼の形やポーズなど、年々撮影する度にタンチョウ撮影の難しさを痛感するようになりました...。
でも、それもまた、全国から多くのカメラマンを集い続けるタンチョウの魅力の一つだと思います。

なお、私が撮影したのは、有名撮影地の厳冬期のみ、のべ92日間。
多くのカメラマンは長い年月をかけ、また四季に渡り撮影されているのですが、日本全国から多くのカメラマンが集まるタンチョウの魅力を、ほんの少しでも紹介できればと思い、このページを開設致しました...。


2012年度撮影の1枚

2012年2月8日(AM10:16)撮影
ニコンF6 AFズームニッコール28〜105ミリ f3.5〜4.5D 1/1250秒 f8 
フィルターなし フジカラースペリアプレミアム400(ISO400)

澄んだ青い空を、気持ち良さそうに飛翔して行きました。



朝の音羽橋(24点)

青天飛翔(20点)

鶴居伊藤タンチョウサンクチュアリにて(31点)

阿寒町タンチョウ観察センターにて(33点)

夕焼け飛翔(25点)

他(22点)

2009年度撮影(25点)

2010年度撮影(24点)

2011年度撮影(22点)

2012年度撮影(13点)


撮影地ガイド

撮影の御参考までに...

鶴居村滞在記録と使用カメラ


タンチョウリンク集

タンチョウ特集のサイトへ
タンチョウの撮影地マップなど情報があります。

鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリのサイトへ
鶴居村にある冬場のタンチョウ給仕場のひとつです。

阿寒国際ツルセンターのサイトへ
阿寒町にある冬場のタンチョウ給仕場のひとつです。スタッフの方のブログは必見です!

ホテルTAITOホームページへ
ホテルのオーナーはタンチョウ撮影のプロカメラマンです。オーナーのブログは必見です!

環境省インターネット自然研究所ホームページへ
このサイト内「釧路湿原のタンチョウ」のページにライブカメラがあります。

鶴居村ホームページへ
タンチョウに関する情報が掲載されております。

純白の瞬間 タンチョウギャラリー
タンチョウの写真が数多く掲載されております。

写真愛好家 星野氏が間借りしているホームページ
北海道の自然とタンチョウの写真が数多く掲載されております。

Cranes
四季を通したタンチョウの写真が数多く掲載されております。

四季彩感
タンチョウをはじめ、四季の風景、鉄道写真が数多く掲載されております。



当ホームページに掲載されている全ての写真、文章等の無許可転載・転用・修正使用、営利目的の利用を禁じます。
Copyright (C) 2000-2013. Kenji Yamada All rights reserved.