横 須 賀 剣 道 連 盟

ホーム 連盟の紹介行事予定お知らせ 行事結果 称号・段位審査規定連盟会則

称号・審査規定

ここでは称号・段審査に関する全剣連規則の中から受審者に必要と思われる項目を抜粋して紹介します。併せて県剣連の称号審査受審に関す資格について紹介します。

【称号審査について】           ・段位審査へ     ・級位審査へ

(付与基準)
第8条 称号は、錬士、教士及藩士とし、それぞれ次の各号の基準に該当する者に与えられる。
 1 練士は、剣理に練達し、識見優良なる者
 2 教士は、剣理に熟達し、識見優秀なる者
 3 範士は、剣理に通暁、成熟し、識見卓越、かつ、人格徳操高潔なる者

(受審資格)
第9条 称号を受審しようとする者は、加盟団体の登録会員であって、次の各号の条件を満たさなければならない。
 1 練士 六段受有者で、六段受有後、別に定める年限を経過し、加盟団体の選考を経て加盟団体会長より推薦された者
      受審資格:六段受有後1年を経過した者
 2 教士 練士七段受有者で、七段受有後、別に定める年限を経過し、加盟団体の選考を経て加盟団体会長より推薦された者
      受審資格:七段受有後2年を経過した者
 3 範士 教士八段受有者で、八段受有後、8年以上経過し、加盟団体の選考を経て加盟団体会長より推薦された者、並びに
      全剣連会長が適格と認めた者
②五段受有者で、加盟団体の推薦において、第8条第1号の基準に達していると認められ、特に加盟団体会長より推薦された者
 は、前項第1号の規定にかかわらず、錬士の称号を受審することができる。
      受審資格:五段受有後10年以上を経過し、かつ年齢60歳以上の者

 《神奈川県称号審査会(剣道 教士・練士)要綱》(一部改定)
  ※ 受審規定の実施期間は平成30年9月~平成31年2月までとする。
【練士号
〔受審資格〕 
 六段・七段受有者で、取得後1年を経過した者
  受審日以前2年間に「県剣道連盟」主催以上の講習会に参加し①~④の条件を満たしていること
  ① 日本剣道形      回以上 但し、社会体育指導員(中級・上級)認定者は<出席免除>
  ② 審判法        回以上
  ③ 指導法(合同稽古会) 回以上
  ④ 審判経験       無し
 ◎五段受有者で、五段取得後10年以上経過し 年令60才以上の者
  受審日以前2年間に「県剣道連盟」主催以上の講習会に参加し①~④の条件を満たしていること
 ◎六段・七段取得後 1年 を経過した者で、全剣連社会体育指導員資格(中級・上級)認定者は
  全剣連の<小論文提出>が免除されます。 但し、②~④の条件を満たしていること
〔神奈川県審査会〕
  ① 審判実技   :主審1回・副審2回 を行う。
  ② 日本剣道形  :打太刀・仕太刀両方を行う。
  ③ 講習会(座学):全剣連の称号本審査に提出する「小論文」作成方法について(当日開催)
            社会体育指導員資格(中級・上級)認定者を除き全員出席のこと
【教士号】
〔受審資格〕
 練士七段受有者で、七段取得後2年を経過した者
  受審日以前2年間に「県剣道連盟」主催以上の講習会に参加し①~④の条件を満たしていること
  ① 日本剣道形      回以上 但し、社会体育指導員(中級・上級)認定者は<出席免除>
  ② 審判法        回以上
  ③ 指導法(合同稽古会) 回以上
  ④ 指導歴を提出     支部会長の承認が必要
 ◎練士七段受有者で、七段取得後2年を経過し、全剣連社会体育指導員資格(上級)認定者は
  全剣連の「学科試験」が免除されます。但し、②~④の条件を満たしていること
〔神奈川県審査会〕
  ①実技試験    :主審1回、副審2回 を行う
  ②日本剣道形   :形の何本目かを指定し、解説・実施させる
  ③講習会(座学) :全剣連の称号本審査に向けての学科試験の取り組み方について(当日開催)
            社会体育指導員資格(上級)認定者を除き全員出席のこと

【審査料、登録料】
 各支部に配布済み。


【段位審査について】        ・称号審査へ    ・級位審査へ

(付与基準)
第16条 段位を受審しようとする者は、加盟団体の登録会員であって、次の各号の条件を満たさなければならない。

  1 初段  一級受有者で、審査当日満13歳以上の者
  2 二段  初段受有後1年以上修行した者
  3 三段  二段受有後2年以上修行した者
  4 四段  三段受有後3年以上修行した者
  5 五段  四段受有後4年以上修行した者
  6 六段  五段受有後5年以上修行した者
  7 七段  六段受有後6年以上修行した者
  8 八段  七段受有後10年以上修行し、年齢46歳以上の者
 ② 次の各号のいずれかに該当し、加盟団体会長が特設の事由があると認めて許可した者は、前項の規程にかかわらず
  該当段位を受審することができる。
  1 二段ないし五段の受審を希望し、次の年齢に達した者  
 受審段位  年令
 二段  35歳
 三段  40歳
 四段  45歳
 五段  50歳
  2 初段ないし五段の受審を希望し、次の修行年限を経て、特に優秀と認められる者
    ※全剣連より各都道府県剣道連盟に通知ある者
 受審段位 修行年限 
 初段  1級受有者
 二段  初段受有後3か月
 三段  二段受有後1年
 四段  三段受有後2年
 五段  四段受有後3年
 
〔段位審査の方法〕

1 五段以下の実技審査は、規則第16条に定める付与基準に基づくほか、特に下記の項目を着眼点として、該当段位相当の
 実力があるか否かを審査する。ただし、審査の方法は、加盟団体の実情に応じて、それぞれが定める実施要領により行う。
 (1) 初段ないし三段
   ① 正しい着装と礼法  
   ② 適正な姿勢
   ③ 基本に則した打突
   ④ 充実した気勢
 (2) 四段および五段
    初段ないし三段の着眼点に下記の項目を加えたもの
   ⑤ 応用技の熟練度 
   ⑥ 鍛錬度
   ⑦ 勝負の歩合
2 六段ないし八段の実技審査は、初段ないし五段の着眼点に加え、下記の項目について更に高度な技倆を総合的に
 判断し、当該段位相当の実力があるか否かを審査する。
   ⑧ 理合
   ⑨ 風格・品位
3 形審査における日本剣道形の実施本数は次のとおりとする。ただし、初段および二段については、本数を示しており、
 加盟団体が太刀の形の中から選択し課すことができる。  
受審段位  日本剣道形の審査本数 
 初段  太刀の形3本
 二段  太刀の形5本
 三段  太刀の形7本
 四段  太刀の形7本と小太刀の形3本
 五段  太刀の形7本と小太刀の形3本
 六段ないし八段  太刀の形7本と小太刀の形3本
4 五段以下の筆記試験は、当分の間、加盟団体の定めた方法によって行う。

〔段審査料、登録料、再受験料〕
 各支部に配布済み。
 ※再受験料とは、前回の審査で学科又は剣道形の不合格者が再受験する場合の受験料です。


【級位審査について】           ・称号審査へ     ・段位審査へ

 剣道級位審査規則    全日本剣道連盟
  級位審査規程(昭和51年4月1日)の全部を改正する。

   (目的)
第1条  財団法人全日本剣道連盟(以下「全剣連」という。)は剣道の理念及び全剣連の寄付行為に基づき、
    級位の審査及び授与について定める。

   (級位及び付与基準)
第2条  級位は、一級から三級までとする。ただし、全剣連の加盟団体(以下「加盟団体」という。)が、四級
    以下の級位を定めることを妨げない。

  ② 級位は、剣道称号・段位審査規則(平成12年4月1日施行)に規定する初段の基準に依拠するものとし、
   剣道の基本を修習し、技倆相当なる者に与えられる。

   (加盟団体による審査等)
第3条  級位の審査及び授与は、全剣連会長が加盟団体に委任して行う。ただし、加盟団体が当該加盟団体に登録
    する団体に委任することを妨げない。
  ② 前項の審査及び授与は、この規則よるほか、別に定めるところによる。

   (受審資格)
第4条  級位を受審しようとする者は、加盟団体の登録会員でなければならない。
  ② 前項に規定するもののほか、級位の受審資格は、加盟団体の定めるところによる。

   (審査方法等)
第5条  一級から三級までの審査は、別に定める実技について行う。
  ② 前項に規定するもののほか、級位審査の方法及び運営並びに級位の授与(証書の授与含む)及び登録は、加盟
   団体の定めるところによる。
  ③ 級位の審査料及び登録料は、加盟団体の定めるところによる。

   附則
   (施行期日)
   この規則は、平成21年10月1日から施行する。

〔級位審査実施要領〕
  剣道段位審査規則第5条第1項の「実技」は、次の各号で定めるところにより行うものとする。

 1 一級
   剣道の基本並びに木刀による剣道基本技稽古法「基本1から9まで」

 2 二級
   剣道の基本並びに木刀による剣道基本技稽古法「基本1から6まで」

 3 三級
   剣道の基本並びに木刀による剣道基本技稽古法「基本1から4まで」

〔級審査受審資格基準、審査料、合格後の登録料〕
 受審級 6級  5級  4級  3級  2級  1級 
 受審資格  幼稚園
1年生以上
 2年生以上 3年生以上  4年生以上  5年生以上  6年生以上 
 審査料  1000円  1000円  1000円  1000円  1000円  1,000円
 合格後の登録料  1000円   1000円   1000円   1000円   1000円  2,000円
 ※1級からは、県剣道連盟への登録が必要になります。

  Topへ

Copyright © 2018 Yokosuka Kenren All Rights Reserved