所詮電波ですから










こんにちは缶痢任です





私は事情があって携帯電話には「ちょっとだけ」詳しいです。



しかし最近のケイタイは凄いですね、コレ一個あればいろんなことができちゃいます。



犯罪もやりたい放題です




Eメールの送信、ウェブブラウズ、PIM機能による予定管理、目覚まし、
果ては昔のファミコン並みのゲームまでできちゃう。音楽が聴けるものもあり
着信音は昔のけたたましい電子音からいまや30和音以上も出すものもあり その機能はもはや
「ポケットコンピューター」と呼んでもいい物となっています





技術の進歩とは凄まじいものです。
特に移動体端末の進歩は最近特にめざましいです



所有率も上げ止まりの感もありますが年々上昇しいまや誰もが持っている機械となりましたね。
小学生まで持ってます、管理人がガキの頃の時代では考えられません。


もう犬や猫まで所有しそうな勢いです





しかし私が注目しているのは、凄まじい勢いで進化する移動機端末にも

殆ど進化していない部分がいくつかあるということです。



まず「携帯電話」という名前がついているにもかかわらず


電話の機能というのは進化していません。




むしろこと「電話する」機能については退化したと思われるものもあります。

電話なんてかける相手の番号を覚えておいてくれるメモリダイヤル機能と
操作しやすいボタン類があれば十分です。


小さい本体にいろいろな機能を実現させるためのボタンが所狭しと並んでいるため
押しにくくて仕方ありません。

いっぺんに二つ押しちゃいそうです




そしてもう一つ挙げるならば電池



大して進化してません。



機能ばかり沢山ついていて電池は昔と大して変わらないのですから



消耗が激しくて仕方ありません


最近管理人はケイタイの機種を変えましたが


仕事場の電波の状態が非常に悪いのと相まって

8時間前後で満充電がなくなります





各キャリアさんたち、もうとりあえず機能は十分だから



この電池を何とかしてくれ(怒)





2002年3月26日