愛子様3歳!おめでとう御座います












最近、職場に若くてカワイイ女の子が入ってきて、仕事が手に付かない極めてこまったオッサン

姦痢人です。こんにちわ。



愛子様ってマジでソックリになってきましたね・・・・・。











すいません、皇室のお話でネタが持つのは2行が限界です

本当に申し訳ない。







さて本日はこれに因んで「誕生日」について話をしてみようと思う。










当たり前のことですが、誕生日を祝うなんていうものは人類しかやりませんね。

他の生き物っていうのは基本的に生きるので精一杯なので、余計なことはしませんからね。






そう、「余計な事」なんですよね。否、もっと言ってしまえば「意味の無いこと」なんですよ。





考えてみてください。12ヶ月からなる今の1年という区切りも勝手に人類がつけたものです。

確かに地球が太陽の周りを丁度1周で1年。まぁ判るのですがこれも人類の都合で

ぶっちゃけ「他所の星」には無関係です。それに

地球は太陽の周りを1周してきたら元の場所に戻るというワケでもありません。

太陽だって移動してます。銀河系も移動してます。同じ場所なんて宇宙にはありえませんよね。

つまり、ある人が生まれた時点で地球があった場所。そこから太陽の周りを地球が「約1周」したに過ぎません。





ほぅら、そう考えただけで誕生日なんて意味がないって事がよ〜くお判り頂けたかと思います。




時間だってそうです。ある人が生まれたその時間の時間的位置から、1年が何らかの区切りになっているか

というと、そんなワケはありません。時間は一直線に流れていくだけです。








誕生日を祝う。これがどれだけ意味の無いことなのかお判りいただけると思います。

且つ、俺の理論に間違いが無いことをここに確信します。ええ。












・・・・・・・・・・・・・。












決して自分の誕生日を一人でマックのハンバーガーで
祝っているおっさんの

ひねくれで言っているワケではありません。






まぁとりあえず、愛子様、おめでとう御座います。(お、3行目か?w)

Wednesday, 01 December, 2004